ブンブンしっぽとフィラリアの話

おはようございます。
いとちゃん、今日も可愛いですよ162.png

ビクビクした表情との差に、ギャップ萌えするとの声が高い
シッポもますますブンブンしてます (≧▽≦)

最初はご飯をもっていったときだけだったブンブンも、
最近はご飯がなくても、ハハが行くたび、声をかけるたびになりました。 



その割になかなか出てきてはくれないんですけどね (^_^;)

お庭に出るときも、たま~に、何回かに一回は、自分から出てきてくれますが、
基本、このオレンジのバリケンの中から抱えて出す形になります。

遊びたい、遼ママに甘えたい、ケージの外への好奇心・・・
子犬なら、そんな気持ちが警戒心にまさって、
自ら出てきてくれるようになるんですが、
いとちゃんは大人ですから。
そこはもう少し時間をかけて、警戒心がほぐれていくのを待つしかない。

でも、お庭を歩く距離も少しずつ長くなってるし、
ケージからも、抱えて出してしまえば自分からピョンッとお庭に飛び降りて出て行く。
いつの日か、庭を走り回るいとちゃんの姿を想像して、
1人ニマニマするハハなのでありました (*^_^*)

そんないとちゃんですが・・・
レスキューの募集板でお知らせしているとおり、フィラリアは+です。

今のところ、幸いにもゼーゼーしたりする様子はまったく見受けられないし、
(いとちゃんのペースで庭をかる~く歩いている限り)
咳き込んでいる姿も一度も見ていません。

今できることは、他の子と同様に、毎月薬で新たな感染を防ぎつつ、
すでに体内にいる成虫が寿命が来て死ぬのを待つことです。

もちろん、運命の里親さんや、その主治医さんの考え方で
もっと積極的な治療方法がないわけではありませんが、
何年かにわたってフィラリアと付き合っていく覚悟は必要です。
b0207320_14235422.jpg
たった1人、体の中も外も虫に巣くわれながら生きてきたいとちゃんを
包んで支えてくださる里親さん、よろしくお願いいたします。

お問い合わせは石川ドッグレスキューまで

[PR]

# by santa-haha-1go2go | 2017-05-17 14:35 | いと | Trackback | Comments(0)

しっぽブンブン

いとちゃん、日に日に変化してきてますよ~(*´з`)

最近はね、ハハがご飯を用意しているのがわかるのか、
持っていくと立ち上がって待っていてくれるんです。



おそるおそる・・・でもシッポぶんぶん。

お庭でも、かなりシッポが上がってるようになりました。
ときどきはシッポ振っちゃったりして(≧▽≦)
そして、一通り気が済んだら、
「開けてくださる?」って自分からちゃんと家の中に戻っていく!



可愛すぎて、愛しすぎて、どうしましょ (*´з`)

これが、草木をクンクンする時間がもっと増えて、
ちょっと走ってみたり、フェンスの外の世界をのぞいてみたり、
少しずつ少しずつ外を楽しむ時間が増えていくんだろうなぁ。
b0207320_12343780.png
ご飯も、初めのころは、うずくまったままでしか食べられなかったのが、
ああして立って食べられるようになった。

見ている前では食べられなかったのが、
見ている目の前でも食べてくれるようになった。

いとちゃんの進歩一つ一つが本当にうれしくて。

もちろんね、すべてが順調で猛突進というわけでもありません。
昨日は目の前で食べてくれたのに今日は食べてくれないってこともあります。

でも。私がいつも心に置いている言葉は、
「成長は螺旋階段」
以前いた場所に戻ったように見えて、必ず一歩一歩上に上がってます。


このあいだ気づいたんですが、3年前の今頃って、
アルーになったプルート がやってきたころなんですよね。

プルートも同じように一歩一歩幸せの階段を上って・・・
今では、素敵なパパさんとママさんの下で最高の幸せをヒャッホ~ッ♪って
堪能しています。
b0207320_12535425.jpg
お母さんが送ってくれたイケメンアルー
b0207320_12541773.jpg
弟妹のお世話をするやさしいお兄ちゃん(´ε`*)


いとちゃんにも必ずそんな日が訪れる。

一緒にこの階段をのぼらせてもらえることに感謝しています。

応援してくださるみなさん、ありがとうございます。
そして、いとちゃん、ありがとう 162.png

b0207320_12352502.jpg
アゴクイ(*´з`)

お問い合わせは石川ドッグレスキューまで


[PR]

# by santa-haha-1go2go | 2017-05-12 12:56 | いと | Trackback | Comments(2)

いとちゃん スゴイ!

じゃ~~んっ!!!!
b0207320_17495396.jpg

いとちゃん、お庭デビューしました (≧▽≦)

すごいでしょ?
びっくりでしょ???

このためには、
リード・ハーネスを着けるという難問をクリアしなければならないんです。
いくら囲われている庭とはいえ、まだ自由に放してあげるわけにはいかない。

たかだかリードをつけるくらいどうしたって思われるかもしれませんが、
我が家にやって来るような野犬の子たちは、それがとてつもなく大きな壁でして。

まず、ハーネスを着けるのに触れるようになるまでに一段階
(触っても嚙まないとかね (^^;)

ハーネスを着けても平気でいられるようになるまでに一段階
(着けただけで、固まって動かないとか
 ひっくり返ってパニックとか
 嚙みちぎろうと暴れるとか・・・ )

リードを着けることにまた一段階
(リードで制限されるハハとの距離、
 リードで動きを制限されることなどなど・・・)

そこには高い高い壁がいくつもあったのですよ。

だから、いとちゃんもそうなるかなぁと思っていたのですが、、、

ぜ~んぜんっ (≧▽≦)

b0207320_17512927.jpg

え。普通にオシッコしてますけど。
  (漏らしたわけじゃない)
ウンチできてますけど。
  (撒き散らしたわけじゃない)

そしてそして。

ニオイ嗅ぐ余裕ありますけど!?

シッポなんか上がってますけど!?

衝撃の映像はこちらをどうぞ (≧▽≦)


いとちゃん、生粋の野良だろうと聞いてましたが、、、
ホントに飼われた経験ないのかしら???
そう思っちゃうくらいスゴイです。

これが、野犬と、人を知ってる野良の違いなのか?
それとも、いとちゃんがすごいだけなのか?

まぁ、公道をお散歩できるようになるまでは、
まだまだ時間はかかるかと思いますが…
その日を楽しみに1つ1つを積み上げていきます(*^^*)

お問い合わせは石川ドッグレスキューまで

[PR]

# by santa-haha-1go2go | 2017-05-08 12:07 | いと | Trackback | Comments(2)

いとちゃんのごはん

いとちゃん、相変わらずケージの隅で寝てばかりですが…

ご飯を持っていくとシッポをぶんぶんしてくれるんですよ (*´з`)




さすがに置いてすぐに「待ってました!」とはなりませんが、
少しすると、「じゃあ、いただこうかしら・・・」って食べてくれます。

ハハが前に座っていても (*´з`)

成犬で、人が見ている前で食べられるなんてスゴイ!

保護されるまでの何年か、集落の優しい人からご飯をもらっていたんでしょうね。

そして、うちの受け入れ準備が整うまでの数日、
センターの職員さんや、なかむら動物病院の先生方も
いとちゃんに愛を伝えてくださっていました。

いとちゃん、ビビリは変わりないけど、
すでに心の扉はかなり開いてます。

焦らずもっともっと扉が開いていくのを待ちますね。

お問い合わせは石川ドッグレスキューまで


[PR]

# by santa-haha-1go2go | 2017-05-06 13:36 | いと | Trackback | Comments(0)

新規受け入れ紹介 ~いとちゃん~

カン太ママのブログにあった中能登の野良ちゃん、
いつもお世話になってるなかむら先生に避妊手術をしていただき、
火曜日に連れてきました(*´з`)

b0207320_13292338.jpg

最初、お腹がパンパンで妊娠?って言っていたのが、
駆虫したらマンソンやら回虫やらウジャウジャ出て、
お腹ひっこんだらしいです。。。
体重も減ったらしいです。。。

今も毛はパサパサ、お腹に虫がいる子特有の毛です。
小さな体の中にどれだけの虫がいたんだろう。
わずかにとれる栄養のほとんどを虫に奪われていたんでしょう。

b0207320_13343504.jpg

もちろんダニも多数。
顔や手足には無数の傷跡があります。
他犬や他の生き物にやられたのか、はたまた人間にやられたのか、
動くたびにかさぶたか汚れか分からない茶色い粉がパラパラと落ちます。

b0207320_13311574.jpg

野性の犬は本来は存在しません。
誰かが捨てたから、その子が子供を産んだから、
本来なら人間のそばで人間とともに生きるべき動物が
1人過酷な環境で生きていくことになります。

この子はずっと一人で生きてきました。

いま自分がおかれている環境を理解できなくて、
いっぱいいっぱいな状態だと思います。
ケージの隅でうずくまってほとんど動きません。

b0207320_13335115.jpg
でも、うずくまりながらも、
私の動きに反応して顔をあげてくれます。
私の出したご飯を疑いもせず、食べてくれます。

今朝は小さくシッポを振ってくれました。

愛しくて愛しくて。

仮名は「いと」にしました。
愛しいの「いと」
そして、必ず誰かとつながっている「いと」であることを信じて。

ハハにしては珍しくまじめに(?)考えた仮名でしょ。
受け入れ準備中、季節に関係した名前にしようかななんてアレコレ考えていたのですが、
この子を見ていたら、「いと」が浮かんできました。

b0207320_13342234.jpg
前にもご紹介しましたが、中島みゆきさんの「糸」
いとちゃんがいつか誰かと素敵な布を織りなすことができる日まで、

なぜ生まれてきたのか、、、

笑顔で話しかけてもらうため
温かな腕で包んでもらうため
明るい日の下を誰かと並んで歩くため
安らかな寝顔を撫でてもらうため
名前を呼んでもらうため
愛されるため

その答えを伝えていきたいと思います。

お問い合わせは石川ドッグレスキューまで


[PR]

# by santa-haha-1go2go | 2017-05-04 13:38 | いと | Trackback | Comments(0)

遼とわらびとまきちんの近況 ~レスキュー番外編~

世の中ゴールデンウィークですね~!

ワタクシ、普通に仕事ですけど (´・ω・`)

なんて。
日ごろから犬第一優先のワガママフレックス出勤なので
このくらい文句は言わずに働こう。。。
(出勤してもこうして遊んでブログ書いてるじゃん とか、
 仕事中の方がLINE返答率高くね?とかいうツッコミは受け付けません)

今日はゴールデンィークスペシャルということで、
レスキュー関係なく、ここ最近の我が家の近況を・・・
(仕事続くと、ブログ更新率高いよね というツッコミも受け付けません)

まず。

1月に遼が推定7歳、3月にわらびが推定5歳の誕生日を迎えました(*^^*)
b0207320_11254069.jpg
誕生日ケーキ(犬用)とワンコ握り(人間用)

俗にシニアと言われる年代に突入の遼サマ、
小さな心配ごとはないことはないけれど、
リアン先生に管理していただいて元気に園長として君臨してくれています。

b0207320_11261579.jpg
この大人げなさもまた好き(*´з`)


わらびは妹まきちんができようが、何頭子犬を預かろうが、
まったく関係ない不動のお子ちゃまポジションをキープ。

b0207320_12102661.jpg

もうすぐ推定9か月になるまきちんは、
初対面の人にはまだビビリますが、それ以外はすっかり落ち着き、
預かり犬たちのいいお姉ちゃんとして園長のサポートをしてくれています。
b0207320_12114273.jpg
姉妹のロージーとは大の仲良し。
年上のお姉さんには完全服従。
2号とは相変わらずラブラブ

暑すぎず寒すぎずいい季節。
木々の緑が美しく、いろんな花が咲いて、
愛しい3つのシッポがふさふさ揺れるのを見ながらのお散歩は、
何にも代え難い大切な時間 (*^^*)
ついつい予定時間をオーバーして歩いてしまいます。
b0207320_11260694.jpg
b0207320_11175012.jpg
人間に対する不信感いっぱいの預かり犬たちが、
少しずつ心を開いてくれるのは、この子たちがいてくれるからこそ。

またこの子たちの力を借りながら、
新しい出会いに備えます (*^^*)
b0207320_11254915.jpg

お気に入りお散歩コースは LINEのタイムラインで、
我が家預かり犬の最新の様子は、
スマホアプリmy365(ID santa_ryo_haha)と、Instagram(ID Ryo Miyatake)にて公開中。
my365には卒業犬の里親さんもたくさん集まってま~す!


[PR]

# by santa-haha-1go2go | 2017-05-03 12:54 | 遼&わらび&真姫 | Trackback | Comments(0)

ペッパー&ソルト 番外編

それぞれにピッタリなおうちとご縁の糸を結んだペッパー&ソルト。

ソルちゃん、さっそく病院へ

え?
b0207320_12584147.jpg
あれ???
b0207320_13091813.jpg
あれれ???
b0207320_13080763.jpg
あれれれれ?


ソルちゃん分身の術。

・・・じゃなく。

ソルちゃんの姉妹のみかんちゃんなんです(≧▽≦)

b0207320_13094141.jpg
どっちがどっちかわかる?


そう、センターから直接引き取られた兄弟のうちの一頭。

これがねぇ。
な~んと、遼たちがいつもお世話になってる…(ほら、遼の穴も、しょーゆの💩詰まりも!)
そのほかこれまでの預かり犬も何かとお世話になってるリアン先生の家の子になってたんです(≧▽≦)

それも、レスキューぜんぜん関係なく!
たまたましょーゆを病院に連れて行ったときに💩、
「新しく来た子犬すごいデカいの」って話をしたら、
「もしかして、こんなん?」って奥に通され、
センターから連れてきたばかりのみかんちゃんととご対面したのでした。

センターではセンター譲渡の5頭しか公開されてなくて、先生もびっくり。
私も、まさか兄弟がこんな身近なおうちに行ったとは思わずびっくり。
b0207320_15150571.jpg
みかんちゃんの方が若干毛の色も濃く、体格もガッシリしていますが、
この2頭が兄弟の中で一番似てるような?
なんとも嬉しいびっくりでした。

その後、何度かお泊りで遊びに来てくれたりして・・・
b0207320_15174560.jpg
性格の現れる寝場所(^^;


まきちんやしょーゆも入れた女子チームで元気いっぱい遊んだり、


姉妹2人でず~っとコネコネ遊んだり (*´з`)


姉妹っていいなぁ (*´з`)

ちなみに、みかんちゃんとソルちゃん、そしてペッパー、
偶然にもみんな半径10キロ以内に住んでるんですよ。
ペッパーとソルちゃんなんて車なら10分かからない。

またいつかみんなどこかで再会できそう (*´з`)

ボロ雑巾のようにきったなくてくっさかった兄弟が、
こうしてピカピカになって、幸せになって再会できる。
この幸せに心から感謝します162.png

[PR]

# by santa-haha-1go2go | 2017-04-30 15:37 | ソルト&ペッパー | Trackback | Comments(0)

ソルト幸せ報告

どんどん続くよ幸せ報告(*^^*)
続いては、バザーでご縁のつながったソルちゃんです。
b0207320_13532043.jpg

ペッパーやしょーゆに比べると、どうしても警戒心…というか
ビビリモードが残ってしまっていたソルちゃん。
ペッパーが自由に部屋中を歩き回るようになってからも
ソルちゃんはハウスの奥こもっていることが多く…
b0207320_13425960.jpg
もう、警戒心というより、ビビリ。

だって、お試し前くらいになったら、ハハと2人でいるときはこんなナレナレ(*´з`)
b0207320_13483035.jpg
ダラダラしてるハハの横にきて、
くっついたまま遊んでみたり、そのまま寝ちゃったり。
しょーゆさんと変わらない甘えっぷりでした。

でも、息子たちとか他の人間だけじゃなく、
遼やわらび、まきちんでさえ!ソファーに来ると、
「すいまちぇんっ」って場所を譲ってしまう。
b0207320_13493211.jpg
結局、机の下が定位置

いえ、遼のこともわらびのこともまきちんのことも大好きなんですよ。
b0207320_13525270.jpg




でも、もう譲る癖がついてしまってるんですね。
きっと、七兄弟の中でも一番弱くて虐げられてたんじゃないかな。
他の兄弟と比べると線が細くて小さいし、
ご飯もとられがちだったんだと思います。
うちに来た当初、ペッパーと同じケージにいたときも、
ハハが管理しないとペッパーに全部ご飯をとられてしまってました(^^;
虐げられてたっていうと可哀想に思ってしまいますが、
弱肉強食の野生の世界では仕方のないこと。
生き残るのにみんな必死だったんだと思います。

でも、もう大丈夫!
そんなソルちゃんでも包んで守ってくれる、
そんなお父さんお母さんと出会うことができましたよ。
b0207320_13542107.jpg
その出会いはバザー。
バリケンの片隅で小さくなっていたソルちゃんですが、
たくさんの素敵なご家族からお声がかかり、
なんとこちらで選定させていただくという光栄!

センター譲渡不可となった命。
一昔前なら殺処分となっていたであろう命。
その命に、こんなたくさんのそしてこんな素敵なご家族が
声をかけてくださるまでになるなんて、
カン太ママが一人でコツコツと始めた活動が
少しずつだけど着実に実を結んでいるんだなぁと改めて嬉しく思いました。

そして、そのご希望くださった御家族の中から、運命の糸が呼んだのは・・・
b0207320_13552068.jpg
数か月前に先代シェパのマリンちゃんを見送ったおうち。
マリンちゃんを見送ってしばらくは犬とは縁のない生活を送っていらしたのですが、
このご縁がつながるよう、虹の橋でマリンちゃんと三太が
ちゃんと相談して仕組んでたんだと思います。

お母さん、ソルちゃんを抱きしめながら、
「こうして犬を抱くのってどれだけぶりだろう。
 私、よく7か月(だったかな)も我慢したな・・・」と。

このお母さんの言葉で、、、6年前に遼を迎えたとき、
私もまったく同じ気持ちになったのがよみがえりました。

先代犬たちが教えてくれた犬を抱きしめる温かさ、幸せ、
それを忘れることなんて絶対できない。

ソルちゃんのためにお試し前から用意してくださっていた
おもちゃがいっぱいのリビング。
そのソルちゃんの頭上に、お父さんとお母さんが紡いできたマリンちゃんとの
思い出が優しく輝いています。
b0207320_13590884.jpg


b0207320_13585298.jpg
マリンちゃんも、もともと兄弟の中で弱い立場だったそうで、
母犬にしっぽを嚙みちぎられてしまった過去を持つ子。
その生い立ちの影響で、他犬との関係などビビリな面があり苦労されたそうです。

「どうもうちに来る子はこういう子って決まってるみたいね」と笑うお母さんですが、
それはきっと、マリンちゃんが三太に
「うちのお母さんならソルちゃんのこともちゃんと守ってくれるよ♪」って
教えてくれんじゃないかなって思います。

大きくなる可能性も考慮に入れて迎えてくださいとお話ししていたソルちゃんですが、
シェパが標準サイズなお母さんから見ると、
「ミニチュアダックスと変わらないんじゃ?(←真剣)」と (≧▽≦)
だから、多少唸ろうがまさに屁の河童。

基本、ハウスにこもろうとするソルちゃんのことも、
「おとなしくて本当にいい子」と肯定的に受け止めてくださるし、
かといってそのまま放置するわけでもなく
いっぱい抱っこして愛を伝えてくださっています。

なので、すでにソルちゃんの方からお母さんにツンツンしたり、
お母さんに慣れるのは時間の問題だろうと全く心配していなかったのですが、
お仕事で日中いらっしゃらないお父さんとは時間がかかるかなと思いつつ、、、
(そういう子は逆に時間が経つと、お母さんがヤキモチやくくらい
 お父さんっこになるんですけどね (^^;)

契約が終わって、お母さんにお見送りいただいて車に乗ろうと振り向くと・・・
b0207320_14022755.jpg
お父さんに抱っこされてる~Σ(・ω・ノ)ノ!

大きな愛で守ってくださるお父さんお母さんの下で、
安心して育つことと思います (*^_^*)
b0207320_14024241.jpg
これにて調味料シリーズ全員幸せになりました。
結局しょーゆの兄弟は来なかったなぁ。。。
どうしてるんだろう。
金沢の人は野良なんている?野犬ってなに!?という状態でしょうが、
能登や加賀の方はまだまだなんですよね。・・

なんて思いつつ、久しぶりののんびり散歩をしていたら

新たな受け入れの打診が。

次はどんな子かなぁ!?

次々と受け入れ犬がいるこの現状、考え始めるとどんどん暗い気持ちになりますが、
だからって犬たちの前で顔をしかめてても何にもならない。

目の前にいる命へ、生まれてきてくれてありがとうって
精一杯の笑顔で愛を伝えること、それが私にできること。

調味料シリーズ、バザーに来てくれた卒業犬たち、
折々に里親さんが送ってくださる幸せなみんなの顔、
そこから元気をもらって、次の出会いを楽しみに準備します (*´з`)

b0207320_14031590.jpg


[PR]

# by santa-haha-1go2go | 2017-04-28 14:23 | ソルト&ペッパー | Trackback | Comments(0)