この1カ月のあれこれ☆その3 黒ゴマ白玉クリームあんみつ編

まだまだ続くよご報告。
  (それだけ更新してなかった・・・)

話は、チビ豆たちがくる前のことにさかのぼります。

7月14日のバザー、まだ小さな甘味たちは連れて行くことはできなかったのですが、
会場で受け付けて、後日見学に来てくださるご家族が何組か♪
同時に、HPからも見学希望のお話をいただき、
バザー後の一週間は見学ラッシュでした。

人への警戒心がまったくない甘味たち。
見学のご家族にもコロコロコロコロまとわりついて、
ひとしきりご挨拶したらグッスリ寝てしまう大物ぶりを見せ・・・
とんとんと~んっと話は進んで、あっという間に全員お試しが決まりました (*^_^*)

そうして迎えた正式譲渡。

トップバッターは、「織田祐二に似てる」と、ごく一部で言われてる クリーム。
b0207320_9534541.jpg


小学生と中学生のお兄ちゃんのいるおうちです。

最初、直接センターに行ったら、子犬は順番待ちだって言われたそう。
そのとき、たまたまセンターへ行く道を聞いたおじさんが、
レスキューの存在も教えてくださったそうで(おじさん、ありがとう~~~!!)
しかも、たまたまバザーがすぐにあり、そのバザーにお越しくださいました。
そして、見学→お試し→正式譲渡 とホント、トントント~ン♪

クリームたちがセンターからの直接譲渡にならずに、
レスキューに来たのは、まだ1か月半と幼なすぎたから。

保護がもう少し遅かったら、直接譲渡になって、違うお家に行ってたのねぇ。
あのとき、そのおじさんに道を聞かなかったら、レスキューの存在はご存知なかったのねぇ。
あまり、ネットはされないそうだから、バザーがなかったらクリームとは出会わなかったかも?

やっぱり、運命だったんですね!!

クリームを迎えたのが嬉しくて嬉しくてと話してくださる、とっても優しいお母さん。

小学生のお兄ちゃんは、元気いっぱいのクリームのいい遊び相手♪
名前も、お兄ちゃんが「コロン」ってつけてくれました。
クリーム→コロン 美味しそう~~~!

あ!もう一人、お兄ちゃんが (^v^)
b0207320_955443.jpg

お姉ちゃんかも???

b0207320_024497.jpg

幸せいっぱいのご家族に囲まれて、スクスク育つことと思います。
イケメン織田裕二になったコロンくんに会える日が楽しみです♪


そして。
b0207320_9564131.jpg

お試しに行った直後は、緊張で固まってる子犬も多い中で、
すっかりリラックスしてフンフン♪と部屋中を歩きまわってた あんみつ。

あんみつは、先代犬も8年前、エミリー家から卒業した 小輔さんです。

!!!!!

書いてていま気付きました (T_T)
エミリーママと一緒に正式譲渡行こうって話してたのに・・・

先代小輔さんが亡くなり、次の子もレスキューから迎えたいってご連絡をくださったのでした。
エミリーママと、お参りも兼ねて行こうねって言ってたのに。
ごめんなさい (T_T)
バタバタしてるときで、時間の隙間みつけて、「今なら行ける!!」って行っちゃいました。

エミリーママ、小輔さんパパママ、また改めて伺わせてください m(__)m

そんな感じで、お試しも契約も、いきなりのバタバタバタだったのも快くOKしてくださったご夫妻。

ベテランパパママのおかげか、先代の小輔お兄ちゃんが見守ってくれたからか、
初日から夜泣きもなく、すっかりくつろいでいたそうです。
b0207320_9562422.jpg

お兄ちゃんの名前を引き継いで、「小輔さん」になりました♪
b0207320_03539.jpg

お兄ちゃんの名前を汚さないように、いい子でいるんだよ~~~♪


続いては、人なつっこい兄弟の中でも、特に人なつっこかった白玉ちゃん。
b0207320_12244960.jpg

バザー等で、質問されていつも答えに困るのが、
「どのくらい大きくなりますか?あんまり大きいと困るんですけど」という質問。

雑種のこの子たち、成犬時の大きさは私たちにも分かりません。

母犬分かってる菖蒲たちだって、母犬のアトちゃん は7キロっていうし。
5カ月の今で。すでにママを越えてます ^_^;

バザーに来てくれたクロくんは15キロで、兄弟のなっちゃんは8キロ程度と、倍の違い!
b0207320_1226588.jpg

※クロちんママ、写真ありがとうございました!

なので、わらびたちと母犬は同じかと思われる白玉たちも、
わらびのように11キロ程度かもしれないし、
ぴーたーやヨモギのように15キロくらいになるかもしれないし、
すずちゃんたちのように10キロ以下かもしれないし。。。

なんとも保証はできないわけです。

そんな中で、
「前の子は、ゴールデンだったから、あんまり小さいと張り合いが・・・
 できれば10キロ以上の子が・・・」
とおっしゃってくださったおうち♪

そのお気持ち分かります。

私の場合、張り合いというか、小さい子は扱いが分からない。
こんだけ子犬に埋もれてるくせに、
チワワとかダックスとかトイプーとか・・・・・・・
見てる分にはいいんだけど、世話しろと言われると・・・・・・・無理!!!!!

レスキューにも、預かれるのは中型犬以上って伝えてあります ^_^;

ってわけで、兄弟で一番体格のいい白玉ちゃんでしたが、
安心して出すことができました。

お試し中は、ハハの生活ペースである5時起きがなかなかとれず、
お母さんを毎朝5時に起こしたり、
床をかじったり、いろいろと御苦労おかけしましたが、
そんなこんなも乗り越えてくださって、晴れてお父さんとお母さんの末娘となることができました♪

b0207320_035348.jpg


元気いっぱいの白玉ちゃんは、ナツちゃんになりました♪

すず姉さん、スーザン姉さん、京姉さんにそっくりなナツちゃん。
いつかバザーで再会できるといいね♪


契約最後は・・・
b0207320_12324470.jpg

黒ゴマちゃん!

兄弟の中でもひときわ小ぶりだった黒ゴマちゃん。
黒ゴマちゃんも、お試しに連れて行ったときから元気に歩きまわっていたのですが、
翌日からは食欲がなくなり、おじいちゃんが亡くなったときと重なって。。。と、
おばあちゃんにかなり御心配をかけてしまいました。
ハハ、夏休み旅行中(これについてもまた後日)だった上に、
おうちが能登のためにすぐに駆けつけることができなくて、
電話でいろいろとお願いすることに。

しかも、さんざん御心配をかけて、
いろいろと買いに行ったりして頂いた直後、

「いきなり、すごい勢いで回ってるんですけど (:_;)」

すいません、そういう子なんです。とにかくマイペース・・・

そんな黒ゴマちゃんも、晴れて正式譲渡に伺ったときには、
ちゃんとご飯も食べるようになり、垂れてた耳も立って少しお姉さんに♪
b0207320_1233413.jpg

う~ん。何の血なんだろ。
ビミョーにパグとかの血も混じってるような???

ソファーの隙間がお気に入りで、日中はおばあちゃんとのんびり過ごし、
夜になって家族が帰ってくると大喜びで走り回るそう。
b0207320_042435.jpg

黒ゴマちゃんは、「ゴマちゃん」になりました。
これまたピッタリなネーミング!
秋になれば、注射も完了しお外デビューもできます。
畑仕事をするおばあちゃんの横でチョコンと過ごすゴマちゃんの姿を想像しながら、
能登の道を帰ってきたのでした♪


これで、甘味シリーズ全員、幸せになりました。
b0207320_1620264.jpg

6月末に受け入れて、1カ月ちょっと。
あっという間の出来事でした。
b0207320_16175329.jpg

虫だらけで車庫で過ごした最初の3日。
母犬と引き離されて、保健所→センター→うち と、心細かっただろうね・・・ 
みんな立派に成長してくれてよかった。
b0207320_1619574.jpg

おそらく、わらび や どんぐりと同じお母さんであろうこの兄弟。
b0207320_17263460.jpg

お母さんはどこでどうしているんでしょう・・・
b0207320_17261269.jpg

実は、この甘味たちを受け入れるずっと前から、常に頭の片隅にありました。
b0207320_1615624.jpg

どんぐり達が生まれて半年経って、そろそろ生まれる頃かな・・・
雨が続けば、赤ちゃん濡れてないかな・・・
暑い日が続けば、熱中症にならないかな・・・
b0207320_16141257.jpg

甘味たちは、わらびやどんぐりが生後2週で家に来たのに対し、
1カ月遅れて推定1か月半で保護されています。
b0207320_1725521.jpg

しかも、わらびは8兄弟、どんぐりは7兄弟と、けっこう多産なお母さん。

それが今回は4頭。

生まれた子は、全員保護できてたのかな・・・
b0207320_16153615.jpg

こんなギリギリの運命を歩まなくてはならない犬が
いなくなる日がいつかきますように。
b0207320_17253215.jpg

運よくこの幸せを手にすることができた、コロンくん・小輔さん・ナツちゃん・ゴマちゃん。
この子たちの幸せが末長く続きますように。
b0207320_1235312.jpg

ずっとずっと祈ってるよ。
[PR]

by santa-haha-1go2go | 2013-08-11 16:22 | 黒ゴマ白玉クリームあんみつ | Trackback | Comments(0)

黒ゴマ白玉クリームあんみつ

そろそろ年少チビーズのご紹介もせねばっ。

うちに来たときには体重1キロ前後。
歩くのもおぼつかなく、
ご飯食べてるうちに後ろ脚がだんだん開いていって、
ペチャンとなってしまっていましたが・・・

日に日に成長して、ずいぶん犬らしくなりました!!

b0207320_21365838.jpg


なんだか、家にいて、ま~~~~ったく違和感ないんですけど。

だって。。。
以前からこのブログご覧いただいてる方は十分ご存知かと思いますが。。。

4+3ベビーズ←わらびの兄弟ね

b0207320_71845100.jpg
 
秋のフニフニ←どんぐりの兄弟ね
b0207320_719242.jpg

私でさえ、一瞬写真を見ただけでは、どの子がいつの子か迷っちゃう (^_^;)


今回は、黒コンビが女の子で、茶色コンビが男の子です。

まずは、一番小さな女の子「黒ゴマちゃん」
b0207320_2264211.jpg

 歴代に比べると、おでこが広くて、目が離れてる?
 遠い遠い親戚にパグとかいそうな。。。気のせいか。。。
 色合いは、秋のフニフニのダンゴそっくりです。
b0207320_227661.jpg

   どっちがどっちだ~
b0207320_2275019.jpg

 性格は、いたってマイペース。
 ご飯も、他の兄弟はハハを見るなり「ママちゃん♪ママちゃん♪」と寄ってくるのに、
 最後になって「あれぇ~?みんなどこぉ~?」って。
 そして、みんながバクバクバクっととりあって食べる中、
 「アタチぃ~、ちょっとお散歩してきていい~?」とウロウロして、
 また、戻ってきて「あれぇ~?アタチのご飯ここになかったぁ~?」みたいな。
 こりゃ、体も一回り小さいわけだ (-_-;)
 でも、遊ぶときは小さな体もにも関わらず対等に元気いっぱい遊んでます。
 今は、確実に食べられるよう、みんなと隔離して一人で食べてます。
 実は、わらびもこのタイプだったんだよね (^_^;)

そして、一番元気な「白玉ちゃん」
b0207320_228838.jpg

 黒いのに白玉??? 
 だって。尻尾の先が白いのよ~♪
b0207320_2282036.jpg

 白玉ちゃんは、顔の形や毛並みも、
 ゴウくん・すずちゃん・京ちゃん・スーザン ・つきみそっくり。
 このシリーズ定番のルックスです (*^^*)
 
 性格も好奇心旺盛で元気いっぱい。
 いっつも、男の子兄弟や、菖蒲とじゃれあって遊んでます。
b0207320_22505449.jpg


次は、ちょっと外人顔の「クリーム」
b0207320_2285761.jpg

 黒ゴマちゃんと同様、ちょっとおでこが広め。
 目の色も茶色がかってて、どこかしら洋犬っぽさを感じるのは私だけ?
 ナオくん の小さい頃と雰囲気が似てます。
b0207320_2291719.jpg

 性格はこれまた強くて元気いっぱい!
 一番最初にサークル乗り越えてきたのはクリームでした。

もう一人の男の子が「あんみつ」
b0207320_2293399.jpg

 こちらは、エドちん や どんぐり、ぽてと、マロンと似てる♪
 特に、白い毛がフワフワと混じってるのは、どんぐりやマロンの小さな頃と同じ(*^^*)
 やっぱり元気いっぱいで走り回って遊んでますが、
 クリームや白玉ちゃんに比べると、のんびり寝てることも多いかも。
b0207320_22512213.jpg



この子達は、人間に対して、警戒心のかけらもありません。
ケージから出すなり、「ママちゃ~~~~~~ん♪」ってまとわりついてきます。
どの子も、本当に本当にかわいくて、かわいくて食べてしまいそう。。。
ってことで、甘味風な仮名を付けてみました。

このシリーズは今回で3シーズン目。
今回も母犬は逃げたんでしょうね。
どんなお母さんで、どこでどうしているのか・・・

そんなことを思うと、やるせなさでいっぱいになります。

でもね。だからといって、
「この子たちがかわいそう!」「ひどい!」
とは言いたくはありません。

目の前にいるこの子たちは、今を生きています。
前だけを向いて生きています。
「かわいそう」って言ってたら、いつまでもかわいそうな子のままです。
b0207320_7252750.jpg

この子たちの命がいまここにあること。
この子たちとともに過ごせること。
この子たちには、その喜びの感情だけを伝えたい。
b0207320_7283724.jpg

この子たちのような命を生み出す世の中であるということ。
このままではいけないということ。
この子たちの陰には、生きたくても生きられなかった命があるということ。
私は絶対に忘れません。
新しい子犬を迎えるたびに、心新たに、より強く、思いを抱いています。
b0207320_7261019.jpg

でも。私は絶対に笑顔で子犬たちを抱きしめます。
「生まれてきてくれてありがとう」そう伝えます。
「あなたたちがいてくれることが嬉しくて仕方がない」って全身で伝えます。
この子たちが、同情で生かされてる かわいそうな命じゃなく、
胸をはって、幸せな子として生きていけるように。
「生まれてきてよかった♪」って思えるように。
b0207320_7254116.jpg


7月14日のバザーには出席できませんが、
見学は7月半ばからOKです(菖蒲・向日葵は今のところ出席予定です)。
ご興味のある方は、ぜひ一度、石川ドッグレスキューまでお問い合わせくださいね。
[PR]

by santa-haha-1go2go | 2013-07-05 22:53 | 黒ゴマ白玉クリームあんみつ | Trackback | Comments(2)