プルート幸せになりました♪


プルート、幸せ報告 (*´ω`*)

1か月ちょっとの短い預かり期間でしたが、
とっても濃い1か月で、なかなか書き上げられず。
さぁ、アップしようって思ったら、いろんなことが立て続けに起こり、
幸せだ~よかった~うれしい~って、
アップしていいものかちょっとためらっていたのですが。

いっぱいいっぱい頑張ったプルートが掴んだ幸せ。
プルートがいっぱいいっぱい教えてくれたこと。
おつきあいいただけると嬉しいです。

***********

どこから書いたらいいんだろ。
今回もまたまた長編です。

さかのぼること3か月。
プルートが家にきて間もなくだったと思います。

受付スタッフから、
「住所見て何か気づかない?」って送られてきた里親希望用紙。

!!!!!!

遼がかつて放浪していた山の中にポツンとある小さな住宅街。

そこにお住まいの方で、最近ワンちゃんを亡くしたばかり・・・

あれ???
その話聞いてる!!!!!!

実はそのちょっと前、遼の保護主Mさんのお宅に遊びに行ったときに、
ハナちゃんって子がご近所にいて、その子が具合が悪いって聞いてたんです。
Mさんも、それまではハナちゃんのママとは会えば会釈する程度だったんだけど、
ちょうどミミちゃんも闘病中で、病院で顔をあわせから親しくお話するようになったそうで。

それだけでもビックリだったんだけど、実は実は。

そのハナちゃんは、なんとっ。

遼の初恋相手だったようなんです~~~~~~~!!
      ↑ 極太赤字で書いちゃうよ。

b0207320_1663565.jpg
Mさんの町に行くたびに、
この人も放浪時代の遼にごはんあげてくれてたとか、
保護にかかわってくれてた、なんて新しい恩人の存在を知るのですが、

ハナちゃんにいたっては、
遼がハナちゃんを好きだから」って、
ハナちゃんちの前に捕獲器を置かせてもらったり。
遼を追い込むためにハナちゃんのにおいのついたクッションを貸してもらったり。

それでもうまく逃げる遼のため、
ハナちゃんを貸してもらえませんか?
って言われたらしいです (^^;

「さ、さすがに断りました」って(^^;(^^;

そりゃそうだわ (^^;(^^;(^^;

なんでも、ハナちゃんをお散歩に連れて出ると、
どこからともなく遼が現れて、後をついてきてたそうで…

暗闇からフッと現れるオオカミのような犬

「実は怖かったんです」って(^^;(^^;(^^;(^^;

そりゃそうだわ(^^;(^^;(^^;(^^;(^^;

そんな話も初めて知って、またまたびっくりでした。

犬好きのお父さん、その後もずっとレスキューのことは気にかけて
HP等を見てくださっていたそうで・・・
今回のご縁に結び付いたのでした。

それもね。
当初は、ハナちゃんと同じく女の子ってことで、
ドナに会いにいらしたんです。

だって。
当時のプルートはまだまだまだまだまだまだ先は長いと思われてて、
私もみんなも長期戦覚悟の状態だったし。

b0207320_1452159.jpg
でも。
いらっしゃったご夫妻の目は、最初っからプルートを見てました。
ホント、運命の出会いなんですよね。

(こう書くとドナちゃんがかわいそうって思われるかもしれませんが、
 これもそれも全部全部、運命のお導き。
 この経緯もまた、ドナちゃんが運命のおうちに行く布石でした。
 ドナちゃんについてはまた改めて♪)

そこから先は、ご存知のとおり。

「今すぐ連れて帰って家でゆっくり慣らしていっても・・・」
とまでおっしゃってくださったお父さんでしたが、

この成犬サイズになるまで野生で生きてきたプルート。
まだまだ私もプルートについて把握できていないし、
もう少しこちらで様子を見つつ慣らしてからお試しということになりました。

b0207320_15132366.jpg

その間も、お父さんお母さんはずっとプルートを気にかけて、
お母さんは3日に1回くらいプルートに会いにお越しくださいました。

それも、私が仕事の合間を見て犬たちの世話に帰る
不規則でわずかな時間に合わせてくださるという・・・(ノД`)・゜・。
b0207320_167430.jpg
お顔公開できないのが残念な女優さんみたく美人で優しいお母さん♪

そしてね、お母さんがお越しくださってお帰りになるたびに
プルートが一段階成長するような気がするんです。

私とお母さんの話を聞いていたかのように。
b0207320_14541843.jpg
お母さんとお散歩練習。まだ緊張が残ってたころ。


「早くお母さんの子になりたいよ」って言ってるかのように。

そうしてプルート、
成長を一緒に見守り、喜んでくださったお母さんとお父さんの元へ
ついに行くことができたのでした!

ここから先は、またまた驚くほどの成長っぷり。
b0207320_15294177.jpg
b0207320_14591749.jpg

b0207320_14584989.jpg

そうそう。お試し中、お散歩してたら、
ノーリードの柴2頭が吠えながら猛スピードで走ってきて囲まれたそうです(゚д゚)!
でも、ちゃ~んと遼兄たん仕込みの見事な「降参っ」でやり過ごし、
その後はすぐに何事もなかったかのように歩いてお散歩を続けたそうです。

保護当初は、犬にも人にもガタガタ震えながら、

b0207320_1457144.jpg
ウゥ~ッって唸るだけだったのにね。

さっすが遼が育てただけある(≧▽≦)!!

b0207320_14564274.jpg
と、言いたいところですが、
実はそれは、遼じゃなくってお母さんのおかげだと思います。
お母さんといるだけで安心だから。
b0207320_14592710.jpg
警戒心でピリピリしてる子は、
かつてのプルートのとおりお腹を見せるなんてできない。
お母さんがいれば、大丈夫って自信があるからおなかも出せる。
その後、何事もなかったように歩けたのがその自信の証拠。
b0207320_1331183.jpg
その報告を受けたとき、プルートの卒業を実感しました。

そんなわけで、お試し期間満了を待たずして迎えた正式譲渡 (#^^#)
b0207320_1315546.jpg

もう。すっかりすっかりお父さんとお母さんの子。

一日「最低」5回はお散歩に行くそう。
お散歩に行きたくなると、ドアにかけてある鈴を鳴らすそうで。

お母さんしんどくないですか?って聞いたら。。。

それが嬉しいんだって。

お散歩に行けることがうれしい。

一緒に空を見上げながら、風を感じながら、季節のうつりかわりを見ながら、
暑いね、涼しいね、寒いね、って言いながら、一緒に歩く。

そんなごくごく当たり前の毎日のお散歩が
どれだけ幸せなことか。
b0207320_1457417.jpg
私も三太を亡くして初めて、お散歩に行けることが
どれだけ幸せだったかを知ったから。
お母さんの気持ちが痛いほど分かります。

これまでの犬生、「甘える」ということがなかったであろうプルート。
これまで甘えられなかった分を取り戻すかのように
見るたびに赤ちゃんのような顔にいなっていきます。
b0207320_14581441.jpg
すっごい食いしん坊なのに、
お留守番のときはもらったオヤツは食べずに待ってるんだって。
お父さんお母さんが帰ってきたのを見て、
そのオヤツを食べ始めるらしい。

溢れる愛はお母さんだけではなく、お父さんも。

マラソンが趣味のお父さんは、
お試し前から腰につけるタイプのリードを購入して待ってくれました( *´艸`)
b0207320_1530405.jpg
人間のお子さんも女の子なので、
お父さんにとっては初の男の子!!
お父さんがお休みの日は、一緒に何キロも走ったり。お昼寝したり。
b0207320_15293362.jpg
海デビューもしちゃったぜ♪

そうそう。名前もね。
「A」がつく名前は気が強くなるって聞いて、
「男の子だから、もう少し強くなった方がいい」って
お父さんの好きなスポーツ選手からもらって「アルー」ってつけてくれました (*^^)

b0207320_152926100.jpg
で、でもやっぱり波は怖かったぜ・・・

虹の橋にいるハナちゃんは、
「うちのお父さんとお母さんには、
  このくらいの甘えん坊じゃないと」
ってアルーに目をつけて、運命の赤い糸を結んでくれた気がします。

そして、アルーをこのお父さんお母さんのもとに届けるためには
どうしたらいいかってミミちゃんと相談して、
「あのオオカミみたいな犬に頼もう♪」って
我が家にくるように仕組んでくれたんじゃないでしょうか。

b0207320_1459494.jpg
うちでは毎回ウンチ漏らしてた車も慣れたそう♪

アルーは生まれる前からお父さんとお母さんの子になるように決まってた。
もちろんアルー自身も早くお父さんとお母さんの子になりたくて頑張った。

どの子も送り出すたびに運命の糸を感じますが、
今回はその運命の糸の力をはっきりと見た気がします。
b0207320_15295065.jpg
みんなみんな、もちろんグーフィーにも。

グーフィーも淵ははのもとで成長中です(#^^#)
グーフィーの運命の人はどんな人だろう。
アルーとグーフィー、愛され自信に満ち溢れた表情で
再会しているのを見る日が楽しみです。

********************

ところで。

もう一つ後日談があります。

実は、上記まで記事を書いて数日後、
遼の恩人であるMさんご夫妻のご主人が亡くなりました。

一昨年、胃の手術をされて、
もともと細かったのがさらに細くなってしまったけれど、
まだまだお元気だと思っていたのに。

アルーのことも、最初の見学のときからご一緒にいらっしゃって
その成長をとってもとっても喜んでくださっていたし、
富山から来たチワワのあんずちゃんも預かってくださっていたのに。

突然の訃報でした。

駆けつけた病院でお母さんから聞いたこと。

手術をされてから食が細くなって、
お母さんの手料理もほとんど召し上がっていなかったお父さん。

でも、ある日とつぜん、

「アルーの目を見てたら、このままじゃないけないと思った」

って、ご飯もちゃんと召し上がるようになったそうです。

お母さんの手料理は、本当においしくって、
私も図々しく昼時狙って行って(?)ごちそうになるくらい。

それを、
「こんなに食事をおいしいと感じたのはどれだけぶりか」って
「これからは二人でちゃんとご飯食べよう」って向かい合って味わって。

その2日後に・・・
突然倒れてそのままお亡くなりになったそうです。

アルーは何を感じて、何を語りかけたんでしょうか。

b0207320_1333989.jpg

助けてるつもりが助けられ、
教えてるつもりが教えられ、

犬たちが教えてくれること、
犬たちが与えてくれるもの、

本当にすばらしいです。

生きてたら、いろんな辛いこと悲しい現実があるけれど、
そばには犬たちがいてくれるから、
犬たちが結んでくれるご縁があるから。
b0207320_15215942.jpg
チワワのあんずちゃんは、ご葬儀の間はアルー家が預かってくださって、
その後はまたMさんの奥様が預かってくださっています。
b0207320_150448.jpg
その後、第四弾で引き出したコッカーのエリーも、
遼のお散歩仲間のレオパパが預かってくださっています。

私もいつでも新たな子を笑顔で迎えられるよう、スタンバイしておきます (*^^*)

[PR]

by santa-haha-1go2go | 2014-08-14 18:46 | プルート | Trackback | Comments(4)

犬たちが教えてくれること

プルート、お散歩デビューしました (≧▽≦)
b0207320_0555185.jpg

その前夜、今まで来れなかった犬部屋で洗濯物をたたんでいたら
(逆のようだけど、リビングは毛だらけでとてもたためない・・・(ーー;)
フラッと入ってきたプルート。
そしてそのまま座布団の上で寝てしまいました。
b0207320_0562848.jpg

プルートにとって、リビングと犬部屋の間にある1メートルちょっとの廊下は
とってもとっても太い廊下でした。
他のみんなが楽しそうにそっちへ走って行っても、ずっと寂しそうに見ているだけ。

それが、何かが吹っ切れたのか不意に。
b0207320_0564828.jpg

ソファーにも乗っちゃった(≧▽≦)

そうして、「何か」が吹っ切れたプルート。
翌朝からは犬部屋以外にも行動範囲を急激に拡大し、
これまで来れなかった門(庭から道路に出る)の前にも来れるように。

ここまで来させるのも1ステップだなって思ってたのに、あっさり。

そして、顔を見てたら行けそうな気がして。

行ったら行けちゃった!!
b0207320_0584918.jpg

しかも、本当は家の前を軽く・・・のつもりだったのが、
車のバンバン通る道を渡って、公園まで!
バラのシーズンで大賑わいの公園をしっかり一周 (゚д゚)!
b0207320_0592564.jpg

シッポもちゃんと上がってるでしょ。

もちろん、今日までの道は平坦ではありませんでした。
毎日毎日のすべてが初めての経験。
毎回、オシッコウンチ漏らして、悲鳴あげて、固まって。

特に、これまでの犬生、動きを拘束されることがなかったので、
リードがビンッと張ることにものすごい恐怖と抵抗を示し・・・

それでも、ひとつひとつ。
少しずつ少しずつ、乗り越えてくれました。

b0207320_111216.jpg

1か月前、センターの冷たい床で、すべてを遮断するような目で寝ていたプルート。
うちに来て数日間は、そこにいるだけでいっぱいいっぱいの様子だったプルート。

いま、キラキラ輝く目で、前を向いて生きてます。
b0207320_9291223.jpg



「生きる」ってこと。
私たち人間は、「親からもらった命」とか「一度しかない人生」とか
なんだかんだ理屈をつけて「だから命を大切に」「生きなくちゃだめだ」なんて言いがちだけど。

この子たちは、そんな理屈なんて知らなくたって、
ちゃんと強く強く生きています。
どんなに絶望的な状況でも、どんなに壁が大きくても、どんなに怖くても辛くても。

実は・・・プルートの受け入れと平行して、
命について考えさせられる出来事が身近に起こりました。
子供たちに「生きる」大切さを教えたいけど、
考えれば考えるほど、どんな説明もなんだか白々しい気がしてできませんでした。

そんな犬たちの命。殺処分ゼロ計画。
もちろん大賛成なんだけど、
それを自分の言葉で伝えたいと思っても、
自分自身が満足いくだけの言葉が浮かびません。

でも。私がどんな言葉を尽くすより、
子供たちは、プルートの日々変化する姿・表情・成長から、学んだはず。
b0207320_145016.jpg


この子たちのこの姿が、
私が求めているすべての答えな気がします。
b0207320_9322578.jpg


プルートだけじゃなくドナもそう。
b0207320_113692.jpg

まだまだビビリのドナだけど、
それでも誰かの力になれる。
b0207320_111155.jpg

「困ってる相手を助けてあげよう」なんて考えたわけじゃないだろうし、
ましてや「助けてあげなさい」と教えられたわけじゃなく。
でも、ドナがいることが、そのままプルートの大きな大きな支えになった。
b0207320_1115960.jpg


そうそう。今日のプルートの散歩、
感動して、でも泣いたらプルートが動揺するからウルウルしつつ平気な顔して帰ってきて、
みんなをフリーにしてから、ありがとうって一人でボロボロ泣いてたら、
いつもはさっさとソファーで寝ちゃう遼が、ずっとそばに寄り添ってくれました。

b0207320_1134760.jpg

犬ってやっぱりすごいです。
b0207320_1114877.jpg


助けてるつもりが、いっぱい助けられて、
教えてるつもりが、いっぱい教えられて、
シアワセになってねって言いながら、シアワセにしてもらって。

犬たちに感謝です。

どうしたら、その感謝を少しでも返せるんだろう。
また、考えてしまうけど。
たぶん、犬たちはそんなことは関係ないから。

私も犬化して、一緒にいられることをただ楽しんでればいいか~と、開き直るのでした (≧▽≦)
b0207320_1153856.jpg

[PR]

by santa-haha-1go2go | 2014-06-05 10:29 | プルート | Trackback | Comments(6)

お試しいろいろ

レスキューのHPをご覧になった方から
「何かの間違いでしょ!?」って何度か聞かれたので・・・ご報告です。

b0207320_16303497.jpg


うふふ。
プルート、お試し決まりました (#^.^#)

詳しい経緯については、また譲渡決定後にお話するとして。
間違いなく、プルートがお試し予定です。

もう少し我が家でリハビリしてからになりますが、
プルートの成長っぷりにはみんながびっくり。
b0207320_16415457.jpg

センターにいたころの面影がないでしょ!?

b0207320_16305642.jpg


すっごい甘えん坊で。
いま、家にいる中で一番ハハにスリスリしてくれる子かも (^^;

b0207320_16235486.jpg

検便もマイナスになり、昨日からハーネスをつける練習。

b0207320_16234333.jpg
サークルから出てこれますように!

b0207320_16305977.jpg

またまたドナちゃん、がんばってくれてます (#^.^#)


ですが。そんなかわいいドナは、逆にお試し予定がキャンセルに (/ω\)

キャンセル待ちまであったんだけどねぇ。
でも、運命の糸は必ずどこかにつながってるから大丈夫。

b0207320_1637375.jpg


運命の糸、ゆっくり引き寄せながら待ちます♪


[PR]

by santa-haha-1go2go | 2014-05-23 16:19 | プルート | Trackback | Comments(2)

真っ白な心

いまだ駆虫中のプルート。

b0207320_13470308.jpg
相変わらず、サークル内だけの生活です。

でもね。
ごはんの用意をしてると、ワンワンいって、
持っていくととっても喜んでくれるようになりました (#^^#)




4日我慢したオシッコも、昨日は1日2回もしてくれました!!

自分のテリトリーは絶対に汚したくないという野犬の見事なポリシー。

出してあげられなくてごめんね。。。
せめてすぐにキレイにしてあげるから我慢しなくていいんだよ。。。
そう思ってた気持ちを分かってくれたのか、
した後は、キュ~ンッと鼻鳴きして見上げるように。

おもちゃで遊ぶ姿も見せてくれるようになりました。
b0207320_13474703.jpg
たった2週間ですが、もう「野犬」ではないでしょ!?

この成犬サイズになるまで人の手を知らなかった野犬。
受け入れられるだろうかって相談のときに、
預かりたいけど私で大丈夫かなって言ったら、

淵はは 師匠が
「その分、心は真っ白だよ」って言ってくれました。

b0207320_13471722.jpg

もちろん、まだまだ警戒心たっぷりで
これから乗り越えなければいけない壁はたくさんあります。

でも、真っ白なプルートの心に少しだけ
私たちの愛が届き始めてる気がします。


もし。
私一人だったら、絶対にプルートを預かることはできませんでした。

淵ははがいてくれて、グーフィー を預かってくれたから。
だからこそ、プルートはいまここにいます。


トイレシーツもね。
b0207320_13464831.jpg

敷き詰めたこのシーツ。

溜め込んだオシッコを一気にしてたから、
プルートの足もびちゃびちゃになってしまって。

その足で動くと、周囲のシーツにも跡がつきます。

家の子だったら、
もったいないからもう少し汚れたら替えよう~っていうナマクラな私ですが、
プルートには、汚れてもすぐにキレイになるってわかってほしいし、
何よりずっとこの中にいなきゃいけない今、少しでも清潔にしてあげたくて。

汚れた部分はぜんぶ替えさせてもらってます。

このシーツは、先日やんこさん がイオンのイエローレシートで購入したのを
届けてくれたもの。
レシートを入れて下さったみなさん、イオンの方々のおかげです。

b0207320_13543953.jpg



シーツだけじゃない。
ガリガリだったプルートにいっぱいごはんを食べさせてあげられるのも、
駆虫薬を飲ませてあげられるのも、
バザーの収益やご寄附があってこそ。

b0207320_13473315.jpg

プルートを受け入れてくれたカン太ママはじめレスキューのみんな、
協力病院のなかむら先生。

いろんな方々の力があって、
プルートはいまここにいます。
プルートがこうしていてくれることが嬉しくて愛しくて仕方ありません。

本当に本当にありがとうございます。

みなさんのお気持ちを決して無にしないよう。
大切にお預かりします。

b0207320_13545678.jpg

[PR]

by santa-haha-1go2go | 2014-05-16 13:58 | プルート | Trackback | Comments(8)

ココロのリレー

ドナが一生懸命プルートを誘ってくれています。

b0207320_13133071.jpg



ドナ本人もビビリなので、
腰がひけつつ、後ろ足ピクピク伸ばしながらですが。

まだ警戒心たっぷりのプルートには、
このくらいの誘い方がちょうどいいみたい。


「出てきたら?けっこういいとこよ♪」って
ドナが教えてくれてるみたくて。

b0207320_1385096.jpg



兄弟より1か月遅れて捕獲されたドナ。
そのぶん、他の兄弟より慣れるのも時間がかかったけれど、
いつの間にか自分が誘う側になってくれてるんですね。

b0207320_13325360.jpg
ドナやルーイ・ヒューイたちをみちゅが。
みちゅたち兄弟を菖蒲が。

順番に順番に紡がれていくココロのリレー。

みんなありがとう (*^^*)


さて。
こうしてドナ、一生懸命誘ってくれましたが・・・
プルート、当初わからなかった寄生虫感染が判明 (/ω\)
ま、何かいるだろうとは思ってたけどね・・・

マンソン条虫という、ヘビやカエルを食べることで寄生する虫です。
都会の獣医さんだと、「いまどきそんなのあるんですか!?」って言うかも。
そんなものを食べて生き延びてきたんだね・・・

マンソンは、犬から犬へうつることはありませんが、
これまでの経験上、マンソンが落ちたあとにまた別の虫が判明することも多いので、
念のため接触はオアズケとなりました。

当分は柵内生活です (ToT)

b0207320_13152879.jpg
それでも少しずつ少しずつ慣れてくれてる気がします♪

ごはんを持っていくと、
いつもはず~っと静かに寝てるプルートが、
この時ばかりは「ワンワン」って自己主張するようになりました。
シッポもかすかにピコピコと・・・(#^^#)
b0207320_13384834.jpg

今日なんて喜びすぎちゃったのか、
そのままオシッコをジャ~ (゚д゚)!

というか、限界まで我慢してるからそうなっちゃうんだけど・・・
すぐにキレイにしてあげるから我慢しなくていいんだよ。。。
本当は外に出してあげたらいいんだろうけれど、
虫の問題もあるし、何よりリードやハーネスをつけなければならず、
(いくら囲われた庭といえど、今の段階ではフリーにはできません)
そういうわけにもいきません。

でも、その後、オシッコ浸しになっちゃった手足もちゃんと拭かせてくれた
いい子なプルートくんです。

早くみんなで庭を走り回れる日がきますように (#^^#)

b0207320_13155895.jpg



[PR]

by santa-haha-1go2go | 2014-05-12 13:41 | プルート | Trackback | Comments(0)

親戚すじ???


順調にお試しがすすんだルーイ。
b0207320_11182166.jpg


こんなかわいい写真とともにうれしいお返事をいただき、
連休明けには契約に行ってきます\(^o^)/

入れ替わりにドナもお試し入り予定。
b0207320_11231724.jpg


久しぶりの預かり犬ナシ生活!?

んなわけはなくっ。

センターから、あの子がやってきました。
b0207320_14572018.jpg

H26.5.1 受け入れ 

仮名:プルート

保護経緯:警戒心の強さからセンター直接譲渡不可となり受け入れました

犬種:雑種
性別:オス
年齢:推定生後8か月位

ワクチン接種済み、ノミダニ駆除薬投与済み、シャンプー済み
検便(+)現在駆虫中です

おそらく野犬の子に生まれ育ち、人の手を知りません。
ですが、今のところ攻撃性は見られず、触れることもできます。

カエルやヘビを食べて命をつないできたようで、
受け入れ時は体の中も外も寄生虫だらけでした。
現在も、ガリガリの体にお腹だけが不自然にポッコリ出ています。
捕獲から今日まで恐怖をともに耐えてきた兄弟犬のグーフィーとも
離れ離れになり、いまはその場にいるだけで精一杯といった状態です。
これからゆっくり時間をかけて、心と体を元気にしていきます。


     ***********************

捕獲場所もドナやルーイと同じで、
取り残しの同腹の兄弟!?という話でした。
(詳しくはカン太ママのブログ を)

でも、狼爪がなかったり、
ルーイたちに比べるとオシリの穴のしまりがよかったり、
何より、どこがどうとは言えないけど、
ビミョーに違う気がするので(←根拠のない勘)
同じ群れにいて、お父さんが同じ腹違いとか、イトコとか???
b0207320_11121828.jpg


とにかく、親戚筋には違いなさそうなので、
今回も、ルーイたちの名づけ親 淵ははに仮名をお願いし、
「プルート」&「グーフィー」になりました♪
この子はプルートです(*^_^*)

グーフィー???

はい。この子には、兄弟がいます。
センターでも寄り添って恐怖に耐えてました。

b0207320_15163578.jpg

最初、同じ犬の写真かと思っちゃった。
実際見ると、プルートは完全スムースですが、グーフィーは若干フサフサしてます。
顔もグーフィーの方が外人系のような???

グーフィーは淵家 預かりとなりました。

たまには淵ははに苦労かけたくなかったけど、
センターでの状態その他を相談した結果、兄弟は離してグーフィーは淵家へ。

野犬のケアにかけちゃ淵ははの右に出るものはいないし、
グーフィーのためには、私より淵ははの元がよりいいに決まってるし。
プルートの成長ためにも、兄弟と離れて逃げ場をなくす方がいい。

そういうわけで、たった一人、我が家にやってきたプルート。

b0207320_15541441.jpg
ノミダニの噛み跡だらけ、
さらにセンターからの車中でビビリの下痢ウンチを踏みまくりすんごいことになった体も、
協力病院のなかむら先生のところで、キレイキレイにしていただき・・・
いつもいつも本当にありがとうございます (T_T)

シャンプーのかほりたっぷりのフワフワちゃんになりました。

ですが、まだ、
この環境の激変に生きているだけでいっぱいいっぱいという感じ。
b0207320_11285531.jpg
ほとんどケージの中で横になってオシッコウンチすらしていません。

でもね。

いまのところ、まったく攻撃性はありません。

そして。オヤツ食べてくれるんだな!!
ちょっとためらいを見せますが、私がそばにいても食べる!!

b0207320_11135657.jpg

これって、どんだけ大きなことか!!

そしてもう一つ。ちゃんと目も合います。

だから。きっと大丈夫。

元気になって一緒にグーフィーに会いに行こうね! (*^^*)

b0207320_11132918.jpg


[PR]

by santa-haha-1go2go | 2014-05-04 11:29 | プルート | Trackback | Comments(4)