WELL COME パピー!!~~トイレ編~~

続いて、トイレトレーニング編。

b0207320_1338402.jpg

大半の子は、すでにトイレトレーニングが済んだ状態でお試しに行きます。
OBは除外 (^^;)

うちでは特に教えたり、褒めたり、ましてや怒ったりはしません。

環境さえ整えたら放ったらかし。
でも、それでちゃんと子犬たち自身で「トイレシーツ=トイレ」って学んでくれます。

というわけで、ここでは、
トイレシーツ=トイレ という認識ができている子を迎えてもらったという前提でお話します。

これまた、特別なこだわりがないなら、
家でしていた環境を継続してもらえれば、いっちばんラクだと思います。

私が整える環境は・・・

 ★ 自分のテリトリーは汚したくないという犬の本能を尊重すること

ただそれだけです。

1か月経つか経たないかで子犬は自分の寝床とトイレを分け始めます。

 ★ 寝るのは暗い奥、トイレは外に近い入口
   まだトイレの間隔が短い子犬は最初、ケージ内にもトイレを作りますが、
   トイレは必ず入口側。  
   必然的に最初は オシッコウンチ踏み踏み出てくることになるんですが (^^;
   そんなのほんの1週間程度。

やがて、すぐにケージ内のトイレは使わなくなります。
それは、ケージ全体=自分の寝床 になって、そこを汚したくないから。
実はこの段階でいろいろコツはあるんですが、
お試しに行くころにはその段階は済んでいるということで・・・

とにかく、「少し我慢したら出してあたって、テリトリーは汚さなくていい」と
分かってハウスの中では我慢するようになります。

この段階で、すでに「トイレシート=排泄」という感覚が出来上がっています
私たちも、トイレに座ると自然と尿意を催すのと同じようなものです。

逆に言えば、
私たちが、部屋のど真ん中やベッドの上で排泄しろと言われても抵抗あるのと同じ。
できればシーツでしたいと思う状態にしてお試しに送り出しています。

それが崩れてしまうのは、
いきなり知らない広いスペースで自由にしてもらってどこがトイレか分からないから。
「オシッコオシッコ~~~~~ 出ちゃった ( ;∀;)」

そして、山登りする人なんかがいう、
「一度外でする気持ちよさを覚えたらやみつき」になるのか、
「な~んだ、シーツじゃなくてもできるじゃん」になっちゃうのか、
分かりませんが、どこででもする子になってしまう わけです。

なので、お試し当初は
 ★ 部屋のあちこちにシーツを敷いておく
   ことをお勧めしています。
   それは、上に書いた、トイレが分からず出ちゃったを防ぐためです。

特に、
 ★ なるべく部屋の入り口付近、庭やベランダに面した窓には必ず
   もお勧めしています。
   それは、なるべく自分のテリトリーから離れたところでしたいという
   犬の本能を尊重するためです。

最初は、部屋のあちこちにシーツがある状態になりますが、
1か月もたたないうちに、どこか1~2か所に決まってしまいます。
あとはそこをトイレにするだけ。

里親さんにしてもらうのはたったこれだけ。
これを実践してくださった方のほとんどは、スムーズにいったとおっしゃってくださいます。

(もちろん、これにも例外はありますけどね (^^;)
b0207320_1344028.jpg


犬も人もな~んのストレスもない、
らくちんらくちいなトイレトレーニングです。

 あと、よくある相談が
 
 ★ カーペットの上でしてしまう (/ω\)

   犬たちは、足裏の感覚で床とシーツの違いを見極めているようです。
   我が家はすべてフローリングなのでカーペットの感覚を知らないため、
   シーツを同じものと認識してしまうようです。

   一応、しやすい場所にシーツを敷くことをアドバイスしますが、
   一番簡単なのは、子犬のうちはカーペットやコタツ類はとってしまうこと (^^;
   排泄が済むまではソファーには上げないこと。
 
   あと、早めに廊下など室外にトイレを作ったり、トイレ専用のケージを用意し、
   起きてすぐ・食後すぐはそこに連れていって、まずは排泄させるという方法もあります。
   部屋全体=テリトリー=汚したくないという感覚を早めに作り上げるわけです。
    
   子犬顔負けの(?)トイレトレーニング中のグーフィーは、
   目下この方式で、「 トイレ=外 」の感覚を磨くべく奮闘中です(ハハが)。
   
  
b0207320_1343965.jpg

 


 ★ ケージの中にシーツを敷いておく
   これは犬にしたら「トイレか寝床かどっちやねん!!」なわけです。
   お留守番の長い子なんかは、やがてそれにも慣れてくれるんでしょうけど・・・
   なにせ犬は順応性が高い素晴らしい生き物ですから。
   でも、きっとそれに慣れるまではケージの中で大泣きしたり一苦労があると思います。
   
   同じように、成犬で外でしかしない子を家の中でさせようとするのも大変です。
   我慢できなくなるまで家の中に閉じ込めておけばいいんでしょうけど。
   プルートや向日葵がそうだったように、子犬であっても3日我慢します。
   そこまでして、家の中でさせる必要があるのかは人それぞれの考え方ですが・・・
   
   私は、トレーニングと自分流を犬に押し付けるのは違うと思っています。
   犬の言いなりになるのと、自然な環境を整えてあげるのも違うと思っています。

   子犬時代なんてあっという間。
   長い犬生のほんのわずかの一番かわいくて一番楽しいはずの日々。
b0207320_13431936.jpg

   「もうやだ~(;´Д`)」にならないよう。
   楽しく過ごせますように♪

   少しでも参考になれば幸いです。


[PR]

by santa-haha-1go2go | 2014-11-12 13:44 | 子犬希望のみなさまへ | Trackback | Comments(2)

WELL COME パピー!!~~夜泣き編~~

またまたご無沙汰してます (/ω\)
b0207320_10551366.jpg
元気いっぱい、楽しく楽しく過ごしたリーなちびーズですが、
先週木曜日にリエは無事正式譲渡 
b0207320_10551788.jpg
土曜日にリクとリサがお試し。
昨日、火曜日にはリコがお試し。
b0207320_10550411.jpg
残るリキも明日木曜日にお試しです。
今まで5兄弟、減っていっても誰かとくっついて寝ていたリキ。
2晩は1人のケージで過ごさなければなりません。

b0207320_12403066.jpg


せっかくの機会なので、お試しにそなえて、
新しい1人用のケージ&いつもと違う部屋で練習してみました。
泣くだろうなぁと思っていたら、案の定 (^^;

これまで50頭以上の子犬を送り出してきましたが、
お試しにいってからの相談ベスト1が、この夜泣きとトイレトレーニングです。

ということで、せっかくの機会なので対処法を書いておきます。


★★★ 夜泣き ★★★

夜泣きというか、クレートトレーニングかな?
(ハウス・ケージ・バリケン・・・いろんな呼び方があって
 厳密には違いますが、とりあえずハウスと呼びますね )

狭いところにに閉じ込めるなんてかわいそう!とおっしゃる方もいらっしゃいますが、
犬にとって狭くて暗い場所は、逆に安心して落ち着ける場所です。
基本、フリーにしてある遼やわらびも、
ふと気づくと自分からハウスの中や机の下にもぐって寝てます。

b0207320_12183763.jpg

b0207320_1219505.jpg

また、ハウスに抵抗ない子に育てておくと、
将来何かで入院しなければならないときや万一の災害時なども、
ハウスに入れることが新たなストレスにならずにすむし、
何より、何でも噛んで呑み込んでしまう子犬の命を守ることになります。

b0207320_1241890.jpg


ということで、うちを卒業する子犬たちは、
基本ハウスに抵抗感ないよう育ててあります。
(たま~に例外もいます (^^;)
なので、それを継続してもらうことが一番。

 ★ ご飯はハウスの中で

 ★ 「ハウス」のかけ声と同時にオヤツ
   もう、兄弟で先を争うようにハウスの中に入っていきます。
   オヤツといっても、子犬はカリカリフード数粒で十分。
   それを拾って食べてるうちに戸を閉めてしまうというわけです。
b0207320_11550586.jpg

まず、ハウス=ごはん・オヤツ=いいところだ!!
の構図を崩さないこと。

それと、ハウス=留守番・一人ぼっち=いやなところだ!!
の構図を作らないこと。

お試しに行って、いきなり夜や留守番に一人にするためにハウスさせたら、
そりゃ不安で泣きます。
それはハウスそのものがイヤというより、
1人になった不安が先だって、それが繰り返されてハウス嫌いになるという感じ。

 ★ 部屋でフリーのときもハウスの扉は開けておく
b0207320_11563912.jpg
 ★ 最初の日は1人にしない(ハウスさせない)
   リキも、家族誰かにいてもらってハウスさせないようにしました。
   夜、私が洗濯物を干す間入れたら、遠吠えしました (^^;
   (自分から入って寝たら、そっと扉を閉めてみたりもします)
 
そして。ここからが肝心。
たぶん、最初に一人になるであろう夜です。

これについては、お試しのとき、いつも2通りの方法を紹介して帰ってきます。

1つは、放っておく (^^;
泣こうが吠えようが無視。
一生夜泣きする犬はいないからってことで。
この場合、大切なのは
 
 ★ 放っておくと決めたら絶対行かない
   「泣いたら来てくれる」はいっちばんよくないパターンです。

もう1つは、私が実践してるオススメパターン。
昨夜もリキはこれで3分で寝ました。

 ★ 子犬が眠くなる限界まで人間も起きて一緒にいる   
   まずはこれがファーストステップ。
   知らない場所に来て、眠くもないのに閉じ込められて、
   一人ぼっちって、泣かない方がおかしい (^^;

 ★ ケージには布をかけて暗くする。
   ケージというのはアミアミでできたハウスのことです。
   バリケン等も、扉はアミアミなのでそれもふさぐと効果がある子も。
b0207320_11354280.jpg
b0207320_11354591.jpg

写真は、リキにはこのくらいでよさそうって思ったかけ具合(?)

 そして。これがいっちばんいっちばんの肝心かなめのポイント!!


 ジャジャジャジャジャ~~~~ンッ!!!!



 ★ ケージの前で一緒に寝る


 あはは (^^;

 「そんなことかよ(-.-)」って言わないで。
  いろ~んな子犬と接してきて、これが一番だったんです。
  私も子犬もこれがいっちばんラクだった。

 そういえば、人間の子供も夜泣きのときいろいろ試してもダメで、
 も~うフラフラになって、おっぱい丸出しで寝てしまって、
 ふと気づいたら子供も横でスヤスヤ寝てました。
 以来、おっぱいいつでもどうぞ形式で横で寝たら、
 ただそれだけで夜泣きは克服できたんでした。

 ナマクラハハがたどり着いたいっちばんラクな方法 (^^;

 そんな子供たちも、
 今ではハハが頼んでも一緒には寝てくれないわけで犬も一緒。


 
b0207320_12234473.jpg

 
 甘やかすんじゃなく、 
 最初に書いた
 
 「ハウス=留守番・一人ぼっち=いやなところだ!!」の構図を作らない。

 ただそれだけ。
 早い子では1,2日、
 長い子でも1か月はかからず一人で寝られるようになります。


 リキも、扉を閉めたらヒンヒン泣きました。  
 でも、ケージの前に布団を敷いて、
 ケージの隙間から指を入れてあげたらぺろぺろなめて、
 3分ほどでそのまますっと寝てしまいました。

b0207320_1224527.jpg

 ★ 鼻鳴きするようなら、そばにいるよって声をかけてあげる。
 ★ ケージの隙間から指を入れてあげる。


 リキは、そのまま1時から朝までグッスリ寝て、
 翌朝、ハハが隣の台所でご飯を作っている姿を見ながらも
 ケージの中でおとなしく待って、外に出してあげたのは8時前でした (*^_^*)

 ★ 扉を出すと嬉しくってじゃれついてきますが、あえて構わない。

 理由は2つ。
 こちらがそのじゃれつきに一緒になると
 出してもらう=楽しい  ってことは、
 出してもらえない=楽しくない  になるのを防ぐため。

 それと、まずはトイレに行ってほしいから。
 嬉しくってじゃれついてたら間に合わなくって失敗しちゃったを防ぐため。
 (これはトイレの項をご覧ください)

 なぜかこの記事、途中までしかアップできていなかったので追記しています。

 大事な部分が切れてた (>_<)

 以上、いろいろ書いてきましたが、
 あくまで私がいろいろやってみて、一番成功率が高かったというだけ。
 これが最高というわけでも、唯一というわけでもありません。
 
 いつもそのときそのときの子犬の様子を見ながら、
 こうしたらいいかな?いや、この方がいいかな?と試行錯誤しています。
 子犬のしつけはこうあるべき!というセオリーにとらわれず、
 こういう方法もあるんだ~って参考の一つにしていただければ嬉しいです (*^_^*)

[PR]

by santa-haha-1go2go | 2014-11-12 12:41 | 子犬希望のみなさまへ | Trackback | Comments(0)

元気いっぱい

ながら~くご無沙汰しておりました (><)

ベビーズ、スクスク元気に育っています。
b0207320_18255727.jpg


今日、無事、スーザンとエドがお試しに行きました。
b0207320_18274919.jpg

今ごろどうしてるかな、夜泣きしてないかな・・・
b0207320_18273641.jpg


明日はスズナとセリが巣立ちます。

どのおうちも、このおうちならきっと幸せになれるだろうというおうちばかりです。
ご縁の糸がしっかりつながるよう、心から祈ります。


ベビーズ(に限ったことではありませんが)の里親希望のみなさまには、
いろいろなことを質問させていただいたり、厳しいお願いをしたりしています。

「なんでそこまで話さなきゃいけないの?」
「なんでそこまでしなきゃいけないの?」

そういったお声もあるかと思います。

ですが・・・
私たちの根本は、
「この子たちには二度と辛い思いはさせたくない」
というところにあります。

この子たちは、推定生後2週間でお母さんから離されました。
本当なら、温かいお母さんの胸でおっぱいを吸っている時期に、
寒く固いセンターの床で身を寄せ合って耐えていました。
まだ目も見えない時期でしたから、この子たちは、お母さんを見たことがありません。
b0207320_433558.jpg

温かいお母さんといっても、お母さんも野犬だったそうで、
(お母さんは捕獲できなかったそうです)
うちに来たときのこの子たちは、
胎盤感染によりお腹の中は寄生虫だらけ。
b0207320_4345288.jpg

皮膚には菌がついて、ハゲだらけ。
そんな劣悪な状態で、もしこのまま捕獲されなければ、
数頭は命を落としていたであろうという状態でした。

そんなこの子たちには、もう二度と悲しい別れを体験させたくない。
温かな家族の中で一生を送ってほしい。

それが私たちの願いすべてです。
b0207320_1824499.jpg

そう思うと、これまでのレスキューの歴史の中で見てきた
悲しい別れの可能性はできる限り避けたい。

レスキューにはいろんな事情で飼い主と離れた子がやってきます。

特に、飼い主の方が高齢になり面倒が見られなくなり、
その御家族も離れていたり事情があって面倒を見られない子・・・
そんな子をたくさん受け入れてきている私たちには、
どうしても年齢制限を設定したり、保証人をお願いすることになります。
b0207320_18262832.jpg

また、子供にアレルギーが出たので手放す・・・というケースも多々あります。
手放さないまでも、それまで家の中で子供同然にかわいがっていた子を、
いきなり外に出してしまうというケースもあります。
ですから、お子さんのいるおうちや、これからお子さんが生まれるであろうおうちには、
アレルギーが出たらどうされますかとお尋ねしないわけにはいきません。
b0207320_18284129.jpg

定期的に代理里親募集の掲示板をご覧下さっている方には、
よくお分かり頂けると思いますが、これが最近の募集理由トップ2だと思います。

一人暮らしの方で、入院しなければならなくなったというケースもあります。
他にも、若い娘さんが大切にかわいがっていた子、
結婚して住む先が都会で犬を飼える住宅環境になかったり、
就職して忙しくて滅多に家にいられなくなったり、
残るご両親は犬に興味はなく、ずっと外につなぎっぱなしでお散歩にも行ってもらえない・・・
そんな子たちをたくさん知っている私たちは、
ご結婚前の希望の方には、ご結婚されたらどうされますか、とお尋ねせざるを得ません。
b0207320_182826.jpg

また、若夫婦家族がとてもかわいがっていた子でも、
そのご旅行中を見計らって、同居する親夫婦がセンターに持ち込んだ子もいました。
そこまでいかないでも、若夫婦は平日は夜までずっと仕事で、
実際に犬と過ごして世話をするのは、老夫婦というケースもよくあります。
ですから、本当にご家族全員がこの子たちを迎えたいと思ってくださっているかは
どうしても確認しないわけにはいかないのです。

実際、最初の書類では「家族全員の同意」と書かれていても、
「実は親は興味ないんです」とか、「夫は反対しているんです」
「子供は別の犬種を希望しているんです」といってキャンセルされる方が後を絶ちません。

受付担当のスタッフは、日々、希望の方々とこういったやりとりをしてくれています。
しかも、うちのベビーズだけではなく、いま募集している犬たち全員に関して!
みんな、仕事があり家庭がある中で、時間を割いてのやりとりです。
好きで他人様の家庭の事情を聞くわけではありません。
希望される方に、「はいどうぞ~」と渡せば、それはラクでしょう。
でも、それをしないのは、
すべてこの子たちの幸せを願うからこそなのです。
b0207320_4411362.jpg

本当に心からこの子たちを希望してくださるご家族には
想像もできないケースばかりでしょうから、
「なんでそこまで?」と思われることもあると思います。
そして「そりゃ、これだけ長い間預かってたら、
    簡単には渡したくないでしょうね」と思われるかと思います。

それも違います。
b0207320_4425163.jpg

犬は飼い主を選べません。
私たちに責任がかかっています。
私たちの甘い考えで、私たちが辛い思いをするならまだしも、
それで辛い思いをするのは犬たちです。
b0207320_18272058.jpg

できる限り、考えうる限り(というか、実際に知っている限り)の
悲しい可能性は排除したい・・・

そう思っています。

どうか、ご理解いただけると嬉しいです。


先日、この前まで家にいたルイージの正式譲渡契約に同伴させてもらって行って来ました。
このちゃんママと偶然お会いしてこのちゃんの元気な様子を聞かせてもらいました。
5パピーズからはそのスクスク育つ様子のメールをたくさんいただいています。
ナオくんも相変わらずの元気いっぱいで遊びに来てくれました。
フローネからもメールをもりあました。
何度か公園にも来てくれたそうです。
私は会えなかったのですが、会えたお散歩友達から、本当に幸せそうだったと聞いています。
ベータママからも今日、お誕生日だったというメールをもらいました。

なかなかブログを更新する時間がとれず、
ご紹介したいと思いつつできないでいるのですが、みんな本当に幸せそうです。

ベビーズもこんな素敵な家族の下にいけますように。


ワラビとピーターは引き続き里親さん募集です。
どちらも元気なよい子です。
二頭になれば、私もかなり手はあくと思うので (^^;)
近々その様子をご報告しますね。

b0207320_18281867.jpg

心優しいお兄ちゃんのピーター♪
b0207320_4325359.jpg

元気いっぱいの甘えん坊ワラビ♪
[PR]

by santa-haha-1go2go | 2012-06-16 04:44 | 子犬希望のみなさまへ | Trackback | Comments(7)