センターにいます

         
        ***無事、譲渡されました!ありがとうございました!***

どなたかこの子を迎えに行ってあげていただけませんか?
b0207320_23553822.jpg


いま、この子は、石川県小松市にある小動物管理指導センターにいます。

11才のオスの雑種で、とても性格がよく愛嬌のある子だそうです。
おすわり、マテもできます。
フィラリアもマイナスです。

飼い主持ち込みです。この子のせいではなく飼い主の生活の事情と聞いています。

11歳と高齢ではありますが、自分自身がご高齢で、
今から子犬を迎えても最期まで面倒をみてあげられず犬と暮らすことをあきらめている方とか・・・
子犬を飼って育てるだけの時間的余裕のない方とか・・・
この子となら、ゆったりとした時間を過ごせるのではないでしょうか。
どなたかお知り合いにはいらっしゃいませんか?

今のレスキューには、この子を受け入れる余裕がありません・・・

なんとか生きる道を与えてあげたくて、2週間だけ処分を延長してもらっています。
その間に希望の方がセンターへ行ってくれることを祈ります。

どうか、どうか。この子が生きられる世の中でありますように。
[PR]

by santa-haha-1go2go | 2013-01-31 13:52 | Trackback | Comments(8)

どんぐり☆ぽてと募集中です

昨日、ひっさしぶりに、考えても考えてもな~んにもない休日で、
なんかすること忘れてない!?って不安になってたら。。。
メルママから電話で、「北国新聞の取材受けれる!?」と・・・Σ(・ω・ノ)ノ!
b0207320_14322531.jpg

なんでも、担当記者さん、いつもレスキューの犬たちのことを気にかけてくださってたそうで、
今日なら記事書けるからって急きょ来てくださいました。
ありがとうございます!

今年最初の搬入こそなかったものの、
昨年からの預かり犬たちでレスキューはパンク寸前。
一頭でもご縁につながれば・・・
もちろん、うちのかわいい子たちを撮ってもらえるのは大歓迎だしね~♪
b0207320_14162715.jpg


  (で。休みボケのスッピンぼさぼさ髪で取材に応じたワタクシ。
    まさか一緒に写るハメになるとは。。。
    記事を見た祖母から、美容院行くように電話がありました (T_T)
    おまけに、どこだったかの事件と重なるとか心配までされて・・・
    大丈夫です。石川ドッグレスキューは組織がしっかりしているし、
    それぞれができることをできる範囲でやっているので、
    個人に負担がかかることは全くありません!!   )
    
去年は106頭もいたんですね。
半分が子犬ってのもまたすごい。

と、数を聞くと改めて考えてしまいますが。
難しいことは考えずに目の前の一つ一つをこなしていこう。
さ、育児♪育児♪ ← 嬉しそう


6兄弟のフニフニも少しずつお試し&契約が進んでます。
年明け第一号は、きのこ♪
ドライブ日和の気持ちのいい日に、魚津まで行ってきました。
b0207320_14174798.jpg

きのこは兄弟で一番おっとりさん。
他の兄弟がドドドドド~ッと部屋から出て行ったあと、
1人ちょこんとソファーに座ってこっちを見てるような子でした。
b0207320_1419314.jpg

そんなきのことご縁の糸がつながったのは、
優しいお母さんとお姉さんのおうち♪
見学にいらしてお会いしたときから、きのことお母さんが似てる気がして。
こりゃもうご縁だなぁと確信してました。

契約に伺って、喜んでくれるだろうな~とワクワクして入ると・・・
「だ、だれですか(・.・;)」 と、そそくさとお姉さんの後ろに隠れるきのこ。
b0207320_159934.jpg

あんなにハハっ子だったのにぃ。
睡眠時間2時間でミルクあげて育てたのにぃ。
・・・いいのよ。それで。
わ~い!!って喜んでくれる子もそりゃぁ嬉しいけれど、
こうして、里親さんのかげに隠れる子もまた嬉しい。
ちゃんとここのお家の子になったんだなぁって。
自分を守ってくれる人がどの人かちゃんと分かってる。

きのこは、ソファーに座って他の兄弟が行くのをしっかり観察してから、
自分もトコトコと歩いて行く子。
ハハが何をしに来たか、自分がどうなるか、じっと観察してたんでしょうね。
b0207320_15949100.jpg

大丈夫だよ♪これからずっとずっと、お母さんとお姉さんのそばにいるんだよ♪
福くん、という名前をもらったきのこ。
願わくば、後じゃなくって前に立って、お姉さんを守ってね ^_^


続いては。まろんの契約♪
まろんのおうちは、2頭の先住ワンちゃんのいるおうち。
お試しのときから「うちはこんな状態だからなんでもOKですよ~」と笑ってたお父さん。
う~ん、確かに。
我が家並に、犬仕様のお宅でした ^^
b0207320_15105019.jpg

玄関を入ると、居間のガラス戸をカリカリする茶色い影が!
すっかり我が物顔でなじんでいるまろんでした。
ふと見ると、すでに「windy」と書かれた迷子札・・・
もう作ってくださったんですね♪
実は、10月に亡くなったわんちゃんも「マロン」ちゃんだったそうで。
b0207320_14204190.jpg

まろんは、windyになって新たにメンバーに加わることになったのでした。

ガッシリ大きくなったwindyも小さく見える大きなお父さん。
b0207320_14305458.jpg

安心してスクスク育つことと思います。
b0207320_14311117.jpg

亡くなったまろんちゃんや、先住のみるくちゃん、らおくんとは、
車に乗って山梨や明石に旅に出ていたそうです。
windyも早く一緒にお出かけできるといいね!

そして。お試し中のつきみも嬉しいお返事いただいています。
我が家に残るのは、どんぐり&ぽてと。
b0207320_15121833.jpg

お問い合わせは頂いていますが、まだ決定はしていません。
b0207320_15143354.jpg

先着順ではなく、この子たちに一番合うご家庭を選ばせていただきたいと思っています。
お問い合わせ、お待ちしております♪
b0207320_14215042.jpg

[PR]

by santa-haha-1go2go | 2013-01-15 15:16 | 秋のフニフニ | Trackback | Comments(4)

HAPPY☆BIRTHDAY 遼!!

1月4日は遼の3回目の誕生日でした~ (*^^)v
b0207320_4707.jpg

もちろん、保護犬ですからハハが推定&勝手に決めた誕生日だけど。
b0207320_47305.jpg

でも、大事な遼の大事な誕生日。
遼がいてくれることに改めて感謝する日。
b0207320_482538.jpg

   ♪遊びに来てくれたお坊ったまぴーたーも一緒に♪

淵ははが言ってくれました。
『遼はサン家に行くために山で頑張ったんだよね』って。

遼が1人放浪していた山は、金沢市。
レスキューは主に石川県の管理センターからの受け入れ。
金沢市は独自の管理センターを持っているため、
もし保健所に捕まっていたら、遼がレスキューに来る可能性はほとんどありませんでした。
b0207320_4242570.jpg

しかも、当時の遼はリードも付けられないハチャメチャ。
こんなに大きくて、見た目怖くて、町中に響き渡るでかい声で吠えまくり。
譲渡対象から外れる可能性は多々ありました。。。

6人もの職員さんに2日にわたって追いかけられながらも逃げ切った遼。
もし逃げ切ってくれなかったら・・・
捕獲寸前、保護主のMさんが通りかかってくれなかったら…
b0207320_4525212.jpg

Mさんが、自分の家で引き取ると言ってくれなかったら…
遼はここにはいませんでした。
b0207320_447691.jpg


石川ドッグレスキューがなかったら…
ももちゃんママがレスキューに知らせてくれなかったら…
Mさんが遼をレスキューに託してくれなかったら…
カン太ママが遼を受け入れてくれなかったら…
b0207320_4112952.jpg

最初の預かり淵ははが遼のいいところをいっぱいいっぱい引き出してくれて、
預かり初心者のハハにいっぱいアドバイスくれて、
うちの子にしようか葛藤しているのを聞いてくれて…
b0207320_422087.jpg

迷っている私の背中をメルママが押してくれて…
b0207320_5165469.jpg



みんながいたから、遼はいまここにいます。
b0207320_4481176.jpg

遼がいるから、今の家があります。
b0207320_4571325.jpg

遼がいるから、これだけの子犬たちを預かれます。
b0207320_4102361.jpg

遼がいるから、私は今笑ってます。
b0207320_4595441.jpg

みなさん、本当にありがとうございます。

そして、遼。
いつもそばにいてくれて、ありがとう。
生まれてきてくれて、ありがとう。
生きててくれて、ありがとう。

HAPPY BIRTHDAY 遼!!!
b0207320_510954.jpg

[PR]

by santa-haha-1go2go | 2013-01-13 04:38 | 遼&わらび | Trackback | Comments(8)

訃報

3日、福島からの被災犬りーちゃんが亡くなりました。
14歳・・・大往生でした。

以前から、寝ている時間がだんだん長くなってきたとは聞いていたりーちゃん。
預かってくれているシュウちゃんママから、
様子がおかしいと連絡をもらったのが前日の2日。
慌てて様子をみに伺いましたが、
りーちゃんは細くなってはいたものの、とっても気持ちよさそうに寝ていました。

福島の仮設住宅にいらっしゃる飼い主さんとも連絡をとり、
りーちゃんが苦しんでいないのならば、
無理に病院へ行って検査をしたり入院したりするよりも、
このままシュウちゃんのおうちで見守ろうということになりました。

もし、苦しみだしたりするようならすぐにお医者さん手配するから連絡してねって帰ってきましたが、
その後、起きたりーちゃん、自分の力では立てないものの、ママに支えてもらって
自分の力でウンチとオシッコをして、ご飯も食べさせてもらって食べたそうです。

3日もちゃんとご飯を食べて、ウンチをしてオシッコして・・・
次に気付いたときには、眠ったままの姿で亡くなっていたそうです。
私が行ったときも、前日に会ったままの姿でした。
違うのは、静かな寝息が聞こえないことだけ。

ほんの24時間前、シュウちゃんママと、これからの介護の話もしていたのに。
まったく手を煩わせることなく。
それでいて、前日にちゃんとシュウちゃんママにもうすぐ逝くよって合図は送って。
シュウちゃんママがお正月でお仕事がお休みのときに。。。

11月半ばには、福島から会いにきてくれた飼い主さんやシュウちゃんママと一緒に
旅館に泊まりにいってドッグランで遊んできたといいます。
12月半ばには、お正月にむけてトリミングしてきたそうです。
2月には次のトリミングの予約もしてありました。
寝てばかりだったのはほんのここ数日。

なんて。なんて。完璧な最期なんでしょう。
たくさんの犬友だちを見送ってきましたが、こんなに見事な最期は見たことがありません。

もしかしたら、りーちゃん、自分の立場を考えて、
シュウちゃんママに迷惑かけないようにって考えたのかもしれません。
苦しむ姿を見せない。
りーちゃんを我が子同然にかわいがってくれたシュウちゃんママへ
りーちゃんからの精一杯の恩返し。。。

福島から大きな大きな腫瘍を抱えてやってきて、
小さな体で手術も乗り切り、元気な愛らしい姿を見せてくれたりーちゃん。
その姿だけで、シュウちゃんママには何よりの恩返しだったはずだよ。
りーちゃん、ありがとう。

りーちゃんは昨日、大乗寺霊園にて荼毘にふされました。
静かに静かに雪の降り積もる中でした。
でも、骨になったりーちゃんを迎えに行こうと外に出たとき、
雪はやんで、青空が広がっていました。
雪で清められた空にちゃんと帰っていけたんだなって思いました。

小さな小さなお骨になったりーちゃんは今、
大好きなシュウちゃんママとおじいちゃん、シュウちゃん、セナちゃんのいるおうちにいます。
そして。
春になって雪が溶けたら、福島から飼い主さんが迎えに来てくれるそうです。
りーちゃん、やっと、やっと、福島に帰ることができます。

シュウちゃんママ、本当にお疲れ様でした。

正直。。。
私のように、いつか里親さんの元に幸せに巣立っていくことが分かっている預かりと違い、
被災犬の預かりは先の見えない預かりです。
心の線の引き方は、保護犬の預かりよりずっとずっと難しいと思います。
我が子同然に預かっていた子を看取って、飼い主さんの元に返す。
それがどれだけのことか・・・。

そして、そういう形で託してくださる飼い主さんの思いもどれだけのものか。
迎えに行くのは骨になった我が子。。。

被災地のために何かしたいとか、
被災地の動物たちがかわいそうとか、
口では言いながらも、実際は寄附ぐらいしかできていません。
そんな私が言うのもおかしいけれど、
シュウちゃんママ、本当に本当にありがとうございました。
お疲れさまでした。
b0207320_18141754.jpg

b0207320_1814171.jpg

2日のりーちゃんです。
3日も、まったく変わらずこの状態で安らかに眠っていました。
りーちゃん、おやすみなさい。
[PR]

by santa-haha-1go2go | 2013-01-05 18:29 | Trackback | Comments(3)

あけましておめでとうございます

b0207320_1425326.jpg

あけましておめでとうございます☆
金沢は暴風と雪のお正月になってしまいました。
でも、家の中では遼と預かりワンたちに囲まれながら
卒業ワンたちのかわいい年賀状を見てポカポカあったか♪

今年はメル家預かりの桃ちゃんも、正月練成合宿?で一緒に年越し。
わらびのいい遊び相手になってくれてます。
b0207320_15285098.jpg

フニフニからすっかり立派になった子犬たちも、
部屋中を元気いっぱい走り回り・・・ときに部屋中に雪を降らせ・・・
b0207320_15301212.jpg

みんな元気です。

そして、この子からも嬉しい写真が♪
クリスマスイブに正式にパパとママの子になった、ピーター改めぴーたーです。
b0207320_16155139.jpg

お正月はさっそく家族で初詣に行ったんだって!

パパとママは、北海道の牧場でお仕事されてましたが、
パパのご実家である富山県にお引越しされることになり、
それを機会に保護犬を家族として迎えたいと・・・

レスキューのHPでピーターを見た瞬間、その靴下の間違えっぷりがママの心を掴んだそうで♪
ピーター、靴下間違えといてよかったねぇ (T_T)

実はそれまで、動物は大好きだけど自他ともに認める犬嫌いだったパパを説得してくださって・・・
北海道からはるばるフェリーに乗って到着したその足でピーターに会いにきてくれました。

新居が決まってピーターを迎える準備が整うまでも何度も会いにきてくださったご夫婦。
ピーターがお試しに行くころには、パパの犬嫌いもすっかりなおり、
ピーターもすっかりなついて・・・お試し初日から何年も一緒に過ごしたファミリーのような3人。
b0207320_17113857.jpg


その様子に、遼やわらびも安心したのか、ピーターがいなくなっても全然平気でした☆
b0207320_1792420.jpg

そして晴れて迎えた正式譲渡。

ピーターはぴーたーになってました。
まさに、甘えん坊のお坊ったま♪
兄弟で保護されて、K家を経て家に来て・・・
あんなに幼かったのに兄弟のスーザンやエドちんを守ろうと必死だったピーター。
神様はちゃ~んと見ててくれたんだね。
b0207320_16264968.jpg

ぴーたーのこと、一生守って甘えさせてくれるパパとママに逢わせてくれた。
おめでとう、ぴーたー!
b0207320_1704111.jpg

ぴーたーの語りつくせない幸せっぷりは、ママのブログ「靴下を履き違えたぴーたー」で見ることができます。
百聞は一見に如かず。ぴーたーのお坊ったまぶりをぜひご覧ください ^_^


上の「ピーターを探せ」。正解は一番手前がピーターでした。
柱の陰がエドちんで、後向いてるのがヨモギ、まん中がセリちん、
ソファーの上がスーザンで、右奥がわらびとすずな・・・  
みんなみんな、大事な大事な思い出の子たちです  
 
昨年は、春ちゃん・来くん・光くん・桜ちゃん・咲ちゃんパピーズ、 
  ピーちゃん・ルイージ・フローネ母子
  ピーターたち7ベビーズ、からし・わさび・しょうが・こねぎ・のりちゃん薬味パピーズ
  今もエミリー家で元気な、コウヘイ・コウジ・タツヒロ・カズヒト・カオル・サオリのメダルパピーズ
  そして今の、つきみ・どんぐり・ぽてと・まろん・だんご・きのこたち秋のフニフニ
たくさんの子犬たちに囲まれて、あっという間のようで、長い一年でした。

ぴーたー、フニフニたち、遼、わらび、桃ちゃん、
クリスマスやお正月に幸せな写真をくれた卒業ワンのみんな。

この命がいま温かな部屋で、新しい年を迎えられることに心から感謝します。

この子たちのかげには、今のレスキューで受け入れることができず、
新しい年を迎えることができなかった命があります。
誰にも守ってもらうことができず、苦しみの涙を流して死んでいった命です。
b0207320_16222583.jpg

遠い昔、温かく抱きしめてくれた手が迎えに来てくれる・・・
最期までそう信じながら苦しみもがいて死んでいったかもしれません。
b0207320_16583153.jpg

その子たちを受け入れてあげる余裕がなくて、
自分にもう少し余力があれば・・・と自分を責めるスタッフがいます。
b0207320_14262639.jpg


今年はどうかそんな涙が少しでも減りますように。

そう願いながら。
私のできることなど、たかが知れているけれど、
どこかに少しでも余力はないか探しながら。

笑顔で犬たちを抱きしめていきます。

今年もよろしくお願いいたします!
b0207320_1427187.jpg

[PR]

by santa-haha-1go2go | 2013-01-02 14:24 | 4ベビーズ+3ベビーズ | Trackback | Comments(2)