里親さんのチカラ2

あけましておめでとうございます。

って、いまごろか~い!! (;´Д`)

検便はマイナスだったのに年末ギリギリに大量回虫を自ら出したぱぴーず。
慌てて飲んだ駆虫薬で全員ソーメン大放出。
年越しソーメン大会で幕を開けた今年です。
b0207320_2323204.jpg
お正月には、卒業犬のみんなからのシアワセ年賀状にほっこりさせてもらって、
その後は例年通りドタバタとして、あっという間に1月も終わろうとしています。
b0207320_23234557.jpg
さて。
今年最初は、やっぱりめでたい話題から♪

まずは、ご報告が遅れていました ひよこ豆。
みつ豆の兄弟で小豆ママの娘です。

b0207320_23253387.jpg

秋のバザーにお越しくださったおうちとご縁がつながりました。
といっても、バザーのときは、「犬を迎える環境が整ったら」ということで、
ひよこはもちろん、他の子についても詳しいお話はされないまま帰られてしまったそう。

たまたま案内板のところで少しお話させてもらって、
「こんな方がうちの子たちの里親さんになってくださったらなぁ」って
ひそかに思っていただけに、
そのままお帰りになったと受付スタッフに聞いて、ガッカリしてたんです。
でも!その後、豆ズの見学にお越しくださったSさんを見て・・・
あの時の母娘さんだ~!!!と、心の中でガッツポーズしたハハなのでした。

当時のひよこは、先に行った えだ豆同様、
警戒心やそれに伴う反射行動が完全には消えておらず、
まだ手放しで大丈夫って言える状態ではありませんでした。
だから、急成長を遂げていたそら豆に決まるだろうな~って思っていたのですが。
(当時、みつ豆はお試し予定が入っていました)
b0207320_03424100.jpg


でも。
やんこ家にいたころのやんこさんのブログ
「いつか里親さんと一緒にこんな朝焼けを・・・」
っていう言葉に心動かされたというSさん。
その後もメルママやこのブログの写真にさらに心惹かれるものがあり、
実際に会って運命を確信されたそう。

この「この子!」っていう気持ちって、理由なんてないんですよね。
その後も、Sさん母娘さんとは不思議なご縁がいろいろあり、
改めて運命の赤い糸の存在を見せられた気がしました。

Sさん、犬を飼うのは初めてだそうですが、
えだ豆同様、「これからも私たちと一緒に育てていくつもりでもいいですか?」
というお願いにも、ぜひ♪というお返事をくださいました。
そして、お母さんと娘さんと私がそういうお話をしている間も、
そっと静かにひよこを撫で続けてくださっていたお父さん。
完全とは言えないひよこでしたが、このご一家なら送り出せるって思いました。


ちょうど、避妊手術の予約も決まっていたのでお試しは少し先となり、
その間に我が家にお越し頂いたり、Sさんのおうちに伺って一緒にお散歩したり。
ひよこ本人も少しずつ「知ってる人」っていう感覚が芽生えたようだし、
私もひよこについてや、その後の慣らし練習についてなど、
じっくりお話できるよい期間になりました。


Sさんも、その間にいろいろ勉強したり準備したりしてくださって、
ひよこのような警戒心の強い子で一番怖いのが脱走ですが、も~う完璧!!
b0207320_036456.jpg

b0207320_0372597.jpg


ひよこも、とっても清潔で居心地のいいお部屋が気にいったのか、
それまで何度か伺ったのがよかったのか、
想像していたよりずっと落ち着いていて。
b0207320_23455668.jpg
Sさんとの合言葉は「成長は螺旋階段」
同じところにいるようでも、もしかしたら戻ってしまったようでも、
実は少しずつ少しずつのぼっていってるから。
b0207320_23471794.jpg
お試し中や譲渡契約後も、
なかなかご飯を食べなかったり、お散歩できなかったり、
いろんな問題が起きましたが
一つ一つ向き合い、見守り、乗り越えてくださって・・・

秋に遊びに来てくれたときには、こんな (≧▽≦)
b0207320_2348355.jpg
☆隣にいるのは、同じ日に遊びに来てくれた向日葵
 向日葵もまた、完全とはいえない状態で送り出しましたが、
 温かなお母さんのおかげで、こんな素敵な笑顔になりました。


Sさんとは、年末からのバタバタでその後お会いできていませんが、
娘さんのブログやメールで成長の様子はいつも教えていただいています。
b0207320_23492252.jpg
文章を読まなくたって、写真の穏やかな表情からひよこの成長がわかる。
そして、娘さんの温かな文章を読んで、
改めて、レスキューをやってよかったって思ってます。

Sさん母娘、野生動物についてとてもお詳しいので、
その視点からひよこのことも理解していただきやすく、
そういう点では、まったくの初心者というわけではありません。
それでもやっぱり、初めて飼う犬に
ひよこのような一見難しい子を選ふというのは簡単なことではないと思います。
b0207320_01041723.jpg

        保護された直後の警戒心MAXの豆ズ

ひよこたち豆ズ、その前の白百合・菖蒲・向日葵
まだご紹介できていませんが、ヒューイやその兄弟たち
みんな、警戒心の強さからセンター譲渡が不可となりレスキューに来た子です。
一昔前なら、殺処分されていたかもしれない子たちです。
それがみんな、理解ある里親さんのもとで本当に幸せな笑顔を見せてくれる。


いつも言っていることですが、
私は自分がしたくてこの預かりをしています。
一時は「不要犬」という烙印を押されたこの子たち。
その烙印を消し去って、誰かにとって「世界一必要な犬」になってほしい。
そんな私の願いは、
里親になってくださるみなさんがいらっしゃって初めて実現します。
もちろん、警戒心の強かった子たちに限らず、
人懐っこくたってそれぞれにいろんな問題はある。
それでも、ちゃんと向き合い乗り越えてくださる里親さんばかり。
みんなの成長や幸せな様子を聞かせてもらうのがどれだけ嬉しいか。

いろんな方が「ありがとう」って言ってくださいますが、
私こそ、願いをかなえてくださって「ありがとう」です。

ジニーという素敵な名前をもらったひよこ。
いつも思いますが、どの子もストンと心に落ちるピッタリな名前。
生まれる前から、ひよこはジニーちゃんだったんだろうな。
ジニーとしてSさん一家の「世界一必要な子」になるために、
生まれてきたんだろうな。
b0207320_23515553.jpg
Sさんご一家とずっとずっと一緒に、シアワセの螺旋階段をのぼっていってね。
心から応援しています。

b0207320_00183052.jpg
次は、またまた温か~~~~なご家族とのご縁の糸をみつけた 
そら豆についてご報告しますね♪

実は、ヒューイもピカピカの赤い糸を結んだし、
どんどん成長してるルーイとドナルド、
b0207320_0505176.jpg
めっちゃくちゃかわいい子犬たちのことも宣伝しなきゃだし、
b0207320_0512544.jpg

何より、スタッフ全員口をそろえて「みつ豆はどこでも大丈夫」といい
みつ豆もまだいるのに (;´Д`)
b0207320_0514693.jpg
今年はもっとちゃんとブログ書いて宣伝しなきゃ!!

近日中に更新します!!・・・たぶん・・・

もし、赤い糸を感じ始めてるのに待ちきれない!!という方は、
ツイッターか、スマホの無料アプリ「my365」で、
santa_ryo_haha をフォローしてください <(_ _)>
ほぼ毎日1枚、撮りたてほやほや写真をアップしています。




[PR]

by santa-haha-1go2go | 2014-01-27 13:00 | ちび豆ズ | Trackback | Comments(2)