モーツー幸せになりました♪

プルートの正式譲渡も終え、ドナちゃんもうれしいお返事をいただき、
毎日なにして過ごしてるん?的な我が家ですが。

サンハハ抜け殻阻止計画か、頑張る遼へのご褒美か!?
実は、ドナのお試しと前後する形で、
チャッピィママがこ~んなの連れてきてくれて…

b0207320_15303896.jpg


b0207320_15304291.jpg
現在募集中のマリちゃんの娘らしいです。
 行き先が決まっていたため、室内飼育とお散歩練習のために我が家に滞在してました)

b0207320_16421451.jpg

しばしの、THE子犬との暮らしを堪能させてもらいましたが。
そのルルちゃんも行っちゃって・・・

1年ぶりの完全預かり犬ナシ生活!!
う~ん、なんか落ち着かない。
なんかすることなかったかしら・・・と思ったら。

大事なことを保留してました。

モーツー幸せ報告です (#^^#)

さかのぼること2か月前。
ゴールデンウィークも終盤、預かりをしてくれてた なぎハハと一緒に
年末ちびーズ大トリとして、モーツーの契約に行ってきました(*^^)v

b0207320_18171775.jpg
年末ギリギリにやってきたビビリ兄弟。
駆虫のための車庫生活の間、
様子を見に行くとハウスの片隅で団子になってた兄弟。
子犬ながらみんな「アタチ、いませんからっ!」のオーラ出しまくり。

そんな中で、一人だけ…
覗き込むたびに目があってた好奇心旺盛な子が…
b0207320_17085194.jpg
そう。モーツーです (#^^#)

仮名モーツーの由来は?ってよく聞かれるんですが、
むかしむかし、淵家にいた「モー」と「メー」に似てたから。
「モー2代目」「メー2代目」ってことで。
(メーツーは途中でやんこ家に移動になり、
 幸せいっぱいキッチくんになりました♪)

b0207320_17085433.jpg

モーツーもメーツーも、最初こそ警戒心を見せたものの、
すぐに懐いて人懐っこくて。
特にモーツーは1号2号にもよくくっついてました。

b0207320_18145769.jpg
こんなかわいくて懐っこかったら、すぐにもらわれてくよってことで。
適当な仮名にしちゃったのでした (^▽^;)

ところが。
モーツーを見ながら、うちの1号2号がポツリと。

「こういうタイプって意外に残るんだよね」

おいっ(;一_一)

そうなんです。実は。
かつての、ぴーたー&わらびどんぐりみちゅ ・・・
元気で懐っこくて「なんでこの子が!?」っていうタイプに限って
長期残っちゃう。

そんな1号2号のイヤ~な予言は大当たりで、
モーツー、なぜかいっちばん最後に。

いやいや。これも運命の神様がいろいろ画策した結果。

春のバザーで、とっても優しいパパとママに出会うことができました。
b0207320_11135753.jpg

お試し当初はビビリな面が出てしまって、
抱こうとすると逃げてしまって捕まえられない とか、
奥様のご両親がいらっしゃったらウンチまき散らして逃げまわった とか、
今度はハウスに籠りっきりで出てこない とか
いろんなことがありましたが (/ω\)

いろいろお話する中で、「遠慮なくスキンシップとっていきます(#^^#)」
っておっしゃってくださる、優しいパパとママの子になりました♪

優しいママほど、ビビリのこの子たちに遠慮してしまう。
「こうしたら可哀想じゃないかな」「こわがっちゃうかな」って。

大丈夫。
ビビリちびーズに一番(唯一?)必要なのは
「守られてる」という安心感。
遠慮はいりません。ガシッと抱きしめてあげてください。
大きな大きな愛で守られてるってことが伝われば、
あとはスクスク育ちます(#^.^#)

b0207320_312174.jpg

一部で、「プーチンに似てない!?」と言われてた外人顔のモーツーですが、
ママがつけてくれた名前は「銀」!!

しぶっ!!!

でも。そう言われてみたら、たしかに銀って顔!!

ご結婚以前から、ゴールデンや秋田と育ってきたというママさん、
その先代の子が亡くなったときから「次の子はギン!」って決めてたそう。

銀さんが生まれるずっとずっと前のそのころから、
運命の糸はつながってたんだろうなぁ。

b0207320_18195936.jpg
契約後も、何かとママさんをてこずらせている銀さんですが、
我が家にも遊びに来てもらったり、一緒にお散歩行かせてもらったり
成長の様子を見せてもらってます♪

b0207320_17105009.jpg
おしりは、一緒に遊びにきてくれた姉妹のりんちゃん。
りんちゃんもスクスクお転婆娘に育ってます。
b0207320_17185369.jpg
この日もう一人来てくれてたのは・・・
b0207320_17165875.jpg
チュゥしてる~( *´艸`)

b0207320_17190201.jpg
と思いきや、パクッだった 初代?お転婆ジニーちゃん (≧▽≦)
(もちろん、仲良し同士のスキスキのパクッですよ(^_^;)

ジニーちゃんも昨年末の譲渡から半年。
・・・と書いて、え、まだ半年!? って確認してしまったくらい。
半年しか経っていないのが嘘のように、
S家の立派な家族の一員。

このプロ級の写真たちもジニーちゃんのお母さんに提供していただきました♪

まだお散歩が怖かったり、抱っこしようとするとバビュンしちゃう銀さん。
そんな話をしていたら「ちょっと前の自分みたくって」とおっしゃるジニーママ。

世の中には「元野犬は噛むから」なんて言う心無い獣医さんもいるそうで。
アナタ、どこで何頭の野犬見たっていうん?(´-ω-`)
とりあえず自分も育ててから言ってもらえます?(´-ω-`)

って言い返したくもなりますが。
そんな人のことは気にせず。ぽいっ。

しつけの悩みなんて、ペットショップで買った子にだって
ブリーダーからきた子にだって、みんなそれぞれにあるはず。

成長の螺旋階段。
足下を見ないで。
自分は上りもしないで「危ない、なんでそんなとこ上るんだ」
なんて下から言う人の言葉に囚われないで。

上を見あげたら、すぐ先に、自分の先をのぼってる人がいます (#^^#)
横を見たら、すぐとなりをのぼってる人もいます。
よ~く耳を傾けたら下から「がんばれ~」って応援してくれてる人がいます。
危ないって言ってる人も、言葉の選び方がちょっと違っただけで
よ~く聞いたら実は「気を付けろよ~」って心配してくれてるだけだったり。

この記事を書いてる途中でバザーがあって・・・

銀さん、りんちゃん、なずな、モーツーが勢ぞろい(≧▽≦)
プリッツもこの写真には写ってませんが、
モーツーとご対面してる様子をやんこさんと遠くから見て喜んでました♪

b0207320_11133756.jpg

半年前、車庫のケージで固まってた子たちが・・・
それぞれの運命の家族とともにこんなに堂々と。

毎度のことですが、バザーのたび、そんな姿を見て、ウルウルしてます。

話がそれちゃった。

そんなわけで、お散歩がまだ怖いと言いながら、
あんな人ごみのバザー会場も来れた銀さん。
「意外に平気なんじゃないかなと思えてきました!」
とママさんからメールをいただきました。

うんうん(#^^#)

これまで私が接した数少ない経験からですが、
野良生まれの子はとっても人の気持ちに敏感な気がします。

こっちの気持ちに同調しやすい。

「大丈夫」こっちがそう思ってる気持ちはリードから伝わる。

もし万一、元野犬が噛むとしたら、
それは噛まれた人が「元野犬は噛む」って断言するからでしょう←ポイできてなかった(-_-)                

油断と疑いは違う。
感じてしまう不安は、笑顔で隠そう!!!
自信は笑顔から生まれます。

だって。。。
私自身がそうだから (^^;

いっつも迷いながら、悩みながら、師匠やカン太ママや先輩スタッフに相談しながら、
でもなんとか無事、みんなを最高に素敵なおうちに送り出すことができてます。


b0207320_17232888.jpg
みんなみんな。
銀さんも。私たち人間も。
螺旋階段は確実にのぼってます。

銀さん。優しいパパとママのもとで、素敵なレディに成長してね♪

[PR]

by santa-haha-1go2go | 2014-06-30 11:37 | 年末ちびーズ | Trackback | Comments(2)

ドナ、お試しに行きました

突然ですが、ドナ、お試しにいきました。
トントント~ンっとお話は決まって、
今日、淵ははと遼とわらびと一緒に送ってきました。

b0207320_0351223.jpg

どの子も、お試しに送り出したあと、
みなさん「大丈夫?寂しいでしょ」って心配してくださるのですが・・・

寂しくないって言ったらウソになるけど、
どちらかというと、何かの発表を終えたみたいな?

無事やり遂げた(運命のおうちに送り届けた)っていう達成感。
それに伴う、虚脱感。 これが一番かな?

ちゃんとごはん食べてるかな、夜泣きしてないかなっていう心配もあります。
でも、最近は減ってきました。

それは、これまでの卒業犬の里親のみなさんのおかげです。

淵はは師匠から、経験積めば分かるよって昔言われたとおり。

「慣れ」で鈍化したわけではなく、
そんなことは、ちゃ~んと里親さんがしてくれるって心から思えるようになりました。

もし、うまくいかないってSOSもらったら、
そのとき一緒に考えればいいって思えるようになりました。

もちろん、正式譲渡したわけではないので、
ちゃんとご縁の糸がつながるかなぁって思いもあります。

でも、それも運命のお導きに従えるようになりました。

万が一、うまくご縁の糸がつながらなくても、
それも運命のおうちにたどり着くまでに必要なワンステップ。

里親登録、面接、お見合い・・・
細かい、厳しい、うるさいって思われる方もあるかもしれませんが、
その子の犬生にとって、マイナスになるようなおうちには
絶対にお試しに出さないっていうレスキューのシステムがあるから、
安心して送り出せます。


そして。なにより。
卒業した子たちの愛に満たされ堂々とした表情。笑顔。姿。

b0207320_065241.jpg
ドナを送り届けて、しばし抜け殻で寝ていたら、届いたメール。
元どんぐり→蓮くんからでした (#^^#)
b0207320_0115587.jpg
こちらは、すっかり女の子らしくなったなずな&とっても嬉しそうな笑顔の菖蒲→ショウタロウくん。

b0207320_0232365.jpg
火曜日には、ひよこ豆→ジニーちゃんと一緒に、えだ豆→タロウくんのおうちに遊びに行ってきました。

いっぱいいただいてるのに、ご紹介できたのがここ数日の写真だけでごめんなさい。
毎日のように卒業犬のシアワセな写真をいただきます。
みなさんのブログやFacebook、my365でもたくさんのシアワセな様子を見せてもらってます。
元気いっぱいの笑顔で遊びに来てくれる子もいっぱいいます。

運命の家族のもとで、一歩一歩成長していくみんなの姿。
いっぱいいっぱいいろんな体験をして、どんどんどんどんイキイキしていく姿。
いつの間にか、そのおうちの子の顔になってるみんなの顔。

どんどんどんどん増えていく素敵な里親さん=犬友達♪
犬たちの成長を通して、普通ならお友達になれないような年代の違う方々とも
けっこう深い家族に関することや人生に関するお話までできたりします。

それがわかってるから、
寂しさや不安よりも、今後へのワクワクの方が大きい。
それが預かり生活♪

なぜこんなことを書くかといいますと・・・

レスキューでは、新しい預かり宅も募集中なのです (^▽^;)

私たちのように、常時預かりでなくとも、
「こういう子きたんだけど、あずかれませんか?」って打診して
「こういう子なら大丈夫です」ってお答えいただくような、
とりあえずの登録でもけっこうです。

預かり宅が増えれば、それだけたくさんの命が救えます。

ご興味のある方、ぜひ、石川ドッグレスキューまでお問い合わせください♪

そして。
ドナちゃんも、里親さんのもとでキラキラ笑顔になれますように。
がんばれドナちゃん♪


[PR]

by santa-haha-1go2go | 2014-06-16 00:42 | ドナルド&ルーヒューデュー | Trackback | Comments(0)

ルーイ幸せになりました♪

写真の山を見直して、ついつい思い出に浸ってなかなか書けない幸せ報告。

もう1か月!まだ1か月?

ルーイを運命のおうちに送り出してから1か月です。

b0207320_17252299.jpg
母性本能くすぐりまくりの困った顔。

真っ白フワフワの毛は撫で心地抜群!

なかなかのマダムキラーだなぁと思っていたルーイはやっぱり
バザーにご家族でお越しくださった 
おばあちゃん・お母さん・お姉さん 三世代のハートをつかみました (≧▽≦)

b0207320_17074545.jpg

お姉ちゃんの買ってくれたお洋服を着てすっかり爽やかお坊ったま!!

譲渡の翌日さっそく狂犬病の注射&登録に行ってくださった病院は、
遼たちがお世話になってる病院。
レスキュー協力病院ではありませんが、
我が家の預かり犬たちのことも気にかけて下さっていて、
ときどき預かり犬たちも診ていただいています。
とっても優しくて犬のことを考えてくださる先生&奥様なので、
元気でも、ビビリな子の病院&人慣れのために一緒に連れて行くことも。

ルーイも一緒に行ったことがあって・・・
b0207320_17235722.jpg
自慢の困ったイケメン顔で、すぐにわかってもらえたみたい♪

さっそく病院のブログに登場させてもらいました。
ご家族の愛は、獣医さんの太鼓判つき (≧▽≦)

お父さんは、うちでお花屋さんをされていて、お留守番ナシ!
朝早く仕入れに行く前にお父さんとお散歩♪
お父さんが大好きで、居間の机のお父さんの膝元が定位置だそうです♪

b0207320_17074835.jpg

譲渡後しばらくしていただいた写真を見てびっくり。

お父さんに抱っこされてると、困った顔じゃない!!

b0207320_17301914.jpg


そうして、ブログを書くのに今、譲渡のときの写真を見ていたら・・・
これも困ってない!!

b0207320_17074125.jpg

自信あふれる顔をしてます。

運命って・・・すごいなぁ・・・ (ToT)


お花屋さんのため、母の日の前がお忙しくって、
実際に譲渡契約したのは母の日が終わってからでしたが、
お返事はお試しに入ってすぐのゴールデンウィーク前にいただいていました。

だから。
あのとき、プルートを預かろうって思いました。
私で預かれるか不安いっぱいだったけれど・・・。
かつて、お散歩デビュー初日、ご近所に響き渡る悲鳴をあげてひっくり返ったルーイが、
「ぼくにはもう、一生守ってくれる家族がいるから。
 あのセンターの子をお願いね」って言ってくれた気がして。

いま、プルートも順調にお試し中です。
家にいるとき以上に甘えん坊みたい (≧▽≦)
b0207320_17303342.jpg

  ↑お試し家のお母さんがくれた写真
   赤ちゃんの顔になって安心しきって寝てるし ( *´艸`)

卒業犬のみんな、里親のみなさんのおかげで、次の子を預かれます。
みんな、みんな、ありがとう!!

[PR]

by santa-haha-1go2go | 2014-06-13 21:02 | ドナルド&ルーヒューデュー | Trackback | Comments(6)

犬たちが教えてくれること

プルート、お散歩デビューしました (≧▽≦)
b0207320_0555185.jpg

その前夜、今まで来れなかった犬部屋で洗濯物をたたんでいたら
(逆のようだけど、リビングは毛だらけでとてもたためない・・・(ーー;)
フラッと入ってきたプルート。
そしてそのまま座布団の上で寝てしまいました。
b0207320_0562848.jpg

プルートにとって、リビングと犬部屋の間にある1メートルちょっとの廊下は
とってもとっても太い廊下でした。
他のみんなが楽しそうにそっちへ走って行っても、ずっと寂しそうに見ているだけ。

それが、何かが吹っ切れたのか不意に。
b0207320_0564828.jpg

ソファーにも乗っちゃった(≧▽≦)

そうして、「何か」が吹っ切れたプルート。
翌朝からは犬部屋以外にも行動範囲を急激に拡大し、
これまで来れなかった門(庭から道路に出る)の前にも来れるように。

ここまで来させるのも1ステップだなって思ってたのに、あっさり。

そして、顔を見てたら行けそうな気がして。

行ったら行けちゃった!!
b0207320_0584918.jpg

しかも、本当は家の前を軽く・・・のつもりだったのが、
車のバンバン通る道を渡って、公園まで!
バラのシーズンで大賑わいの公園をしっかり一周 (゚д゚)!
b0207320_0592564.jpg

シッポもちゃんと上がってるでしょ。

もちろん、今日までの道は平坦ではありませんでした。
毎日毎日のすべてが初めての経験。
毎回、オシッコウンチ漏らして、悲鳴あげて、固まって。

特に、これまでの犬生、動きを拘束されることがなかったので、
リードがビンッと張ることにものすごい恐怖と抵抗を示し・・・

それでも、ひとつひとつ。
少しずつ少しずつ、乗り越えてくれました。

b0207320_111216.jpg

1か月前、センターの冷たい床で、すべてを遮断するような目で寝ていたプルート。
うちに来て数日間は、そこにいるだけでいっぱいいっぱいの様子だったプルート。

いま、キラキラ輝く目で、前を向いて生きてます。
b0207320_9291223.jpg



「生きる」ってこと。
私たち人間は、「親からもらった命」とか「一度しかない人生」とか
なんだかんだ理屈をつけて「だから命を大切に」「生きなくちゃだめだ」なんて言いがちだけど。

この子たちは、そんな理屈なんて知らなくたって、
ちゃんと強く強く生きています。
どんなに絶望的な状況でも、どんなに壁が大きくても、どんなに怖くても辛くても。

実は・・・プルートの受け入れと平行して、
命について考えさせられる出来事が身近に起こりました。
子供たちに「生きる」大切さを教えたいけど、
考えれば考えるほど、どんな説明もなんだか白々しい気がしてできませんでした。

そんな犬たちの命。殺処分ゼロ計画。
もちろん大賛成なんだけど、
それを自分の言葉で伝えたいと思っても、
自分自身が満足いくだけの言葉が浮かびません。

でも。私がどんな言葉を尽くすより、
子供たちは、プルートの日々変化する姿・表情・成長から、学んだはず。
b0207320_145016.jpg


この子たちのこの姿が、
私が求めているすべての答えな気がします。
b0207320_9322578.jpg


プルートだけじゃなくドナもそう。
b0207320_113692.jpg

まだまだビビリのドナだけど、
それでも誰かの力になれる。
b0207320_111155.jpg

「困ってる相手を助けてあげよう」なんて考えたわけじゃないだろうし、
ましてや「助けてあげなさい」と教えられたわけじゃなく。
でも、ドナがいることが、そのままプルートの大きな大きな支えになった。
b0207320_1115960.jpg


そうそう。今日のプルートの散歩、
感動して、でも泣いたらプルートが動揺するからウルウルしつつ平気な顔して帰ってきて、
みんなをフリーにしてから、ありがとうって一人でボロボロ泣いてたら、
いつもはさっさとソファーで寝ちゃう遼が、ずっとそばに寄り添ってくれました。

b0207320_1134760.jpg

犬ってやっぱりすごいです。
b0207320_1114877.jpg


助けてるつもりが、いっぱい助けられて、
教えてるつもりが、いっぱい教えられて、
シアワセになってねって言いながら、シアワセにしてもらって。

犬たちに感謝です。

どうしたら、その感謝を少しでも返せるんだろう。
また、考えてしまうけど。
たぶん、犬たちはそんなことは関係ないから。

私も犬化して、一緒にいられることをただ楽しんでればいいか~と、開き直るのでした (≧▽≦)
b0207320_1153856.jpg

[PR]

by santa-haha-1go2go | 2014-06-05 10:29 | プルート | Trackback | Comments(6)