プルート幸せになりました♪


プルート、幸せ報告 (*´ω`*)

1か月ちょっとの短い預かり期間でしたが、
とっても濃い1か月で、なかなか書き上げられず。
さぁ、アップしようって思ったら、いろんなことが立て続けに起こり、
幸せだ~よかった~うれしい~って、
アップしていいものかちょっとためらっていたのですが。

いっぱいいっぱい頑張ったプルートが掴んだ幸せ。
プルートがいっぱいいっぱい教えてくれたこと。
おつきあいいただけると嬉しいです。

***********

どこから書いたらいいんだろ。
今回もまたまた長編です。

さかのぼること3か月。
プルートが家にきて間もなくだったと思います。

受付スタッフから、
「住所見て何か気づかない?」って送られてきた里親希望用紙。

!!!!!!

遼がかつて放浪していた山の中にポツンとある小さな住宅街。

そこにお住まいの方で、最近ワンちゃんを亡くしたばかり・・・

あれ???
その話聞いてる!!!!!!

実はそのちょっと前、遼の保護主Mさんのお宅に遊びに行ったときに、
ハナちゃんって子がご近所にいて、その子が具合が悪いって聞いてたんです。
Mさんも、それまではハナちゃんのママとは会えば会釈する程度だったんだけど、
ちょうどミミちゃんも闘病中で、病院で顔をあわせから親しくお話するようになったそうで。

それだけでもビックリだったんだけど、実は実は。

そのハナちゃんは、なんとっ。

遼の初恋相手だったようなんです~~~~~~~!!
      ↑ 極太赤字で書いちゃうよ。

b0207320_1663565.jpg
Mさんの町に行くたびに、
この人も放浪時代の遼にごはんあげてくれてたとか、
保護にかかわってくれてた、なんて新しい恩人の存在を知るのですが、

ハナちゃんにいたっては、
遼がハナちゃんを好きだから」って、
ハナちゃんちの前に捕獲器を置かせてもらったり。
遼を追い込むためにハナちゃんのにおいのついたクッションを貸してもらったり。

それでもうまく逃げる遼のため、
ハナちゃんを貸してもらえませんか?
って言われたらしいです (^^;

「さ、さすがに断りました」って(^^;(^^;

そりゃそうだわ (^^;(^^;(^^;

なんでも、ハナちゃんをお散歩に連れて出ると、
どこからともなく遼が現れて、後をついてきてたそうで…

暗闇からフッと現れるオオカミのような犬

「実は怖かったんです」って(^^;(^^;(^^;(^^;

そりゃそうだわ(^^;(^^;(^^;(^^;(^^;

そんな話も初めて知って、またまたびっくりでした。

犬好きのお父さん、その後もずっとレスキューのことは気にかけて
HP等を見てくださっていたそうで・・・
今回のご縁に結び付いたのでした。

それもね。
当初は、ハナちゃんと同じく女の子ってことで、
ドナに会いにいらしたんです。

だって。
当時のプルートはまだまだまだまだまだまだ先は長いと思われてて、
私もみんなも長期戦覚悟の状態だったし。

b0207320_1452159.jpg
でも。
いらっしゃったご夫妻の目は、最初っからプルートを見てました。
ホント、運命の出会いなんですよね。

(こう書くとドナちゃんがかわいそうって思われるかもしれませんが、
 これもそれも全部全部、運命のお導き。
 この経緯もまた、ドナちゃんが運命のおうちに行く布石でした。
 ドナちゃんについてはまた改めて♪)

そこから先は、ご存知のとおり。

「今すぐ連れて帰って家でゆっくり慣らしていっても・・・」
とまでおっしゃってくださったお父さんでしたが、

この成犬サイズになるまで野生で生きてきたプルート。
まだまだ私もプルートについて把握できていないし、
もう少しこちらで様子を見つつ慣らしてからお試しということになりました。

b0207320_15132366.jpg

その間も、お父さんお母さんはずっとプルートを気にかけて、
お母さんは3日に1回くらいプルートに会いにお越しくださいました。

それも、私が仕事の合間を見て犬たちの世話に帰る
不規則でわずかな時間に合わせてくださるという・・・(ノД`)・゜・。
b0207320_167430.jpg
お顔公開できないのが残念な女優さんみたく美人で優しいお母さん♪

そしてね、お母さんがお越しくださってお帰りになるたびに
プルートが一段階成長するような気がするんです。

私とお母さんの話を聞いていたかのように。
b0207320_14541843.jpg
お母さんとお散歩練習。まだ緊張が残ってたころ。


「早くお母さんの子になりたいよ」って言ってるかのように。

そうしてプルート、
成長を一緒に見守り、喜んでくださったお母さんとお父さんの元へ
ついに行くことができたのでした!

ここから先は、またまた驚くほどの成長っぷり。
b0207320_15294177.jpg
b0207320_14591749.jpg

b0207320_14584989.jpg

そうそう。お試し中、お散歩してたら、
ノーリードの柴2頭が吠えながら猛スピードで走ってきて囲まれたそうです(゚д゚)!
でも、ちゃ~んと遼兄たん仕込みの見事な「降参っ」でやり過ごし、
その後はすぐに何事もなかったかのように歩いてお散歩を続けたそうです。

保護当初は、犬にも人にもガタガタ震えながら、

b0207320_1457144.jpg
ウゥ~ッって唸るだけだったのにね。

さっすが遼が育てただけある(≧▽≦)!!

b0207320_14564274.jpg
と、言いたいところですが、
実はそれは、遼じゃなくってお母さんのおかげだと思います。
お母さんといるだけで安心だから。
b0207320_14592710.jpg
警戒心でピリピリしてる子は、
かつてのプルートのとおりお腹を見せるなんてできない。
お母さんがいれば、大丈夫って自信があるからおなかも出せる。
その後、何事もなかったように歩けたのがその自信の証拠。
b0207320_1331183.jpg
その報告を受けたとき、プルートの卒業を実感しました。

そんなわけで、お試し期間満了を待たずして迎えた正式譲渡 (#^^#)
b0207320_1315546.jpg

もう。すっかりすっかりお父さんとお母さんの子。

一日「最低」5回はお散歩に行くそう。
お散歩に行きたくなると、ドアにかけてある鈴を鳴らすそうで。

お母さんしんどくないですか?って聞いたら。。。

それが嬉しいんだって。

お散歩に行けることがうれしい。

一緒に空を見上げながら、風を感じながら、季節のうつりかわりを見ながら、
暑いね、涼しいね、寒いね、って言いながら、一緒に歩く。

そんなごくごく当たり前の毎日のお散歩が
どれだけ幸せなことか。
b0207320_1457417.jpg
私も三太を亡くして初めて、お散歩に行けることが
どれだけ幸せだったかを知ったから。
お母さんの気持ちが痛いほど分かります。

これまでの犬生、「甘える」ということがなかったであろうプルート。
これまで甘えられなかった分を取り戻すかのように
見るたびに赤ちゃんのような顔にいなっていきます。
b0207320_14581441.jpg
すっごい食いしん坊なのに、
お留守番のときはもらったオヤツは食べずに待ってるんだって。
お父さんお母さんが帰ってきたのを見て、
そのオヤツを食べ始めるらしい。

溢れる愛はお母さんだけではなく、お父さんも。

マラソンが趣味のお父さんは、
お試し前から腰につけるタイプのリードを購入して待ってくれました( *´艸`)
b0207320_1530405.jpg
人間のお子さんも女の子なので、
お父さんにとっては初の男の子!!
お父さんがお休みの日は、一緒に何キロも走ったり。お昼寝したり。
b0207320_15293362.jpg
海デビューもしちゃったぜ♪

そうそう。名前もね。
「A」がつく名前は気が強くなるって聞いて、
「男の子だから、もう少し強くなった方がいい」って
お父さんの好きなスポーツ選手からもらって「アルー」ってつけてくれました (*^^)

b0207320_152926100.jpg
で、でもやっぱり波は怖かったぜ・・・

虹の橋にいるハナちゃんは、
「うちのお父さんとお母さんには、
  このくらいの甘えん坊じゃないと」
ってアルーに目をつけて、運命の赤い糸を結んでくれた気がします。

そして、アルーをこのお父さんお母さんのもとに届けるためには
どうしたらいいかってミミちゃんと相談して、
「あのオオカミみたいな犬に頼もう♪」って
我が家にくるように仕組んでくれたんじゃないでしょうか。

b0207320_1459494.jpg
うちでは毎回ウンチ漏らしてた車も慣れたそう♪

アルーは生まれる前からお父さんとお母さんの子になるように決まってた。
もちろんアルー自身も早くお父さんとお母さんの子になりたくて頑張った。

どの子も送り出すたびに運命の糸を感じますが、
今回はその運命の糸の力をはっきりと見た気がします。
b0207320_15295065.jpg
みんなみんな、もちろんグーフィーにも。

グーフィーも淵ははのもとで成長中です(#^^#)
グーフィーの運命の人はどんな人だろう。
アルーとグーフィー、愛され自信に満ち溢れた表情で
再会しているのを見る日が楽しみです。

********************

ところで。

もう一つ後日談があります。

実は、上記まで記事を書いて数日後、
遼の恩人であるMさんご夫妻のご主人が亡くなりました。

一昨年、胃の手術をされて、
もともと細かったのがさらに細くなってしまったけれど、
まだまだお元気だと思っていたのに。

アルーのことも、最初の見学のときからご一緒にいらっしゃって
その成長をとってもとっても喜んでくださっていたし、
富山から来たチワワのあんずちゃんも預かってくださっていたのに。

突然の訃報でした。

駆けつけた病院でお母さんから聞いたこと。

手術をされてから食が細くなって、
お母さんの手料理もほとんど召し上がっていなかったお父さん。

でも、ある日とつぜん、

「アルーの目を見てたら、このままじゃないけないと思った」

って、ご飯もちゃんと召し上がるようになったそうです。

お母さんの手料理は、本当においしくって、
私も図々しく昼時狙って行って(?)ごちそうになるくらい。

それを、
「こんなに食事をおいしいと感じたのはどれだけぶりか」って
「これからは二人でちゃんとご飯食べよう」って向かい合って味わって。

その2日後に・・・
突然倒れてそのままお亡くなりになったそうです。

アルーは何を感じて、何を語りかけたんでしょうか。

b0207320_1333989.jpg

助けてるつもりが助けられ、
教えてるつもりが教えられ、

犬たちが教えてくれること、
犬たちが与えてくれるもの、

本当にすばらしいです。

生きてたら、いろんな辛いこと悲しい現実があるけれど、
そばには犬たちがいてくれるから、
犬たちが結んでくれるご縁があるから。
b0207320_15215942.jpg
チワワのあんずちゃんは、ご葬儀の間はアルー家が預かってくださって、
その後はまたMさんの奥様が預かってくださっています。
b0207320_150448.jpg
その後、第四弾で引き出したコッカーのエリーも、
遼のお散歩仲間のレオパパが預かってくださっています。

私もいつでも新たな子を笑顔で迎えられるよう、スタンバイしておきます (*^^*)

[PR]

by santa-haha-1go2go | 2014-08-14 18:46 | プルート | Trackback | Comments(4)

ご報告

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
アオイ、一昨日の夜に天国へ旅立ちました。

小さな小さな体で天国へちゃんと歩いていけるか心配ですが、
お母さんがきっと迎えに来てくれると信じたいです。

量は少ないもののミルクは飲んでくれてたし、
大丈夫かもって思ってたのですが、甘かったです。

手が届かず救えない命の方が多いこの世のなかで、
自分の手のひらに迎えられた命くらい守れる自分でありたかったけど、
力不足でごめんなさい。

私がなにを言ってもなにを後悔してもあの子は還りません。

どうかどうか次は幸せな世界に生まれてこれますように。
[PR]

by santa-haha-1go2go | 2014-08-11 05:09 | 廃業繁殖業者 | Trackback | Comments(6)

とりいそぎ


b0207320_15535255.jpg
カン太ママが連れ出してきてくれました。

保護経緯はこちら → カン太ママのブログ


初乳を飲んでいないということもあり油断はできませんが、

小さな手足を動かし、小さな口で一生懸命ミルクを飲んで
一生懸命生きようとしています。

b0207320_15531964.jpg
生きてあそこを出られなかった子たちのためにも。
力いっぱい生きられますように。

b0207320_15531290.jpg
祈りをこめて。

仮名は アオイ です (#^^#)

太陽に向かって大輪の花を咲かせる向日葵やハイビスカスのように。
元気に大きく大きく育ちますように。
b0207320_1633493.jpg




見学、譲渡等はもっと大きく育ってからになります。
詳細は レスキューHP および 専用掲示板 をご覧ください。


PS:
  プルート、ドナちゃん、柴のテツ、茶々、のシアワセ報告も近々アップしますね。
  みんな幸せいっぱいですよ♪



[PR]

by santa-haha-1go2go | 2014-08-08 16:03 | 廃業繁殖業者 | Trackback | Comments(5)