グーフィーがやってきた♪

全国津々浦々のグーフィーファンのみなさま。
ずっと報告が遅れててごめんなさい (;´Д`)

グーフィー、元気です!

b0207320_18023494.jpg


先日のバザーでは、たくさんの方がご来場くださって、
里親募集コーナーはつねにたくさんの人だかり。
富山からの子たちはもちろん、
センター出身のジニー家のルーナ、ハク家の張飛・・・
次々とお声がかかりご縁の糸が結ばれていく中で。。。

お留守番グーフィー、「グ」の字どころか「グ」の「˝」すら出ず。
まさにグゥの音も出ない。
b0207320_17504250.jpg
いいもんねっ。
グーフィー、もうちょっとだけうちで修行しろって神様が言ってくれてる。
いやいや。
もう少しサンハハに可愛さ堪能させてあげなさいって言ってくれてる???

も~う。めっちゃくちゃかわいいですよ (≧▽≦)

淵ははが「私のオアシスグーフィー」って言ってたのがよ~くわかった!

体はもう成犬ですが、ココロは赤ちゃん。
受け入れたのが5月だから・・・4か月か。
b0207320_20444716.jpg

淵ははの広くて大きな愛に守られた安心空間から、
一人また見知らぬ我が家に放り込まれ、
ウ~ッって唸ってはみるものの、遼もわらびすら無視!!
b0207320_17530248.jpg

グーフィーどんだけ弱いんっ!?

一人カクカクしながら庭の隅で固まる日々。

それでも、応援に来てくれた兄弟のアルーや、
預かり犬先輩ルーナや、卒業犬ジニー、りんちゃん、銀さん、ぴーたー・・・
みんなの応援をうけて、ちょっとずつちょっとずつ(*^^*)

b0207320_17514071.jpg

b0207320_17575344.jpg

b0207320_17581071.jpg
b0207320_20444439.jpg


b0207320_20453071.jpg

こ~んな都会?のお散歩だって平気ですよ!

b0207320_2048795.jpg
お散歩っていうと、自分から走ってきます (≧▽≦)
b0207320_20482823.jpg

(普段は呼ぶと、逆に逃げるか固まりますが。それがなにか?)


ごはんだって、最初の数日は、
なぜかドンガラガシャーンと一人ハウスの中で大騒ぎで
食べられませんでしたが、
今では「ハウス!」でちゃんとハウスに入って
b0207320_20553688.jpg

(パニクって部屋を10周くらいウロウロしてからですが。それがなにか? )

カリカリフードをしっかり完食します。
(なぜかグーフィーのフード皿は紙皿に落ち着きましたが。それがなにか?)

お客さんが来ても部屋の片隅でガクガクならずに寝ていられます。
b0207320_17501516.jpg

(来てすぐにウンチくらいはご披露しますが。それがなにか?)


も~う、ぜんぜん大丈夫!
b0207320_20552037.jpg

(と、私は思いますが?なにか?)


淵ははから、
「グーフィーは新しいものを受け入れられるようになるまで
 他の子より時間がかかるけど、2週間で受け入れられる」って聞いていましたが、
うちでは5日くらいでした。

グーフィーだってちょっとずつ成長してるんです (≧▽≦)
きっと、運命の人のところに行けば3日くらい?
いやいや、1日で受け入れられるようになるかもしれない。

それまでもう少し。
我が家で修行してもらいま~す!

b0207320_17580378.jpg


[PR]

by santa-haha-1go2go | 2014-09-30 20:59 | グーフィー | Trackback | Comments(2)

ドナルド幸せになりました♪

ああ、そうか。タイトル書いて思い出した。
ドナちゃんは、正式名(仮名だけど)ドナルドだった。
ルーイ、ヒューイ、デューイ兄弟が週遅れで順に捕獲され、
第一陣から遅れること1か月経ってからやってきたドナちゃん。
もう仮名が残ってなくって、本家本物のドナルドになったんでした。

それからさらに2週間、駆虫の完了した兄弟にうつらないよう
カン太家で一人で過ごして。ようやく合流。

うちに来てすぐのころ、ずっとお腹にもっていたであろう
軍手とビニールロープを吐きました。
こんなものを食べて空腹を満たすしかなかったそれまで。

兄弟や遼たちとはすぐに打ち解けたけど、
やっぱり人への警戒心は兄弟一強くって。。。

b0207320_15453482.jpg
犬や慣れた人間といる分にはぜんぜん問題なくなっても、
見知らぬ人には警戒MAXで置物のように遠くで固まったまま。
b0207320_15445837.jpg

手一杯だった私に代わってお散歩デビューさせてくれた淵はは
太鼓判を押してくれたドナちゃんの魅力。
b0207320_15423164.jpg
たっぷり女子力でわらびや遼さえも魅了しちゃう(?)ドナちゃんの魅力。
b0207320_15451890.jpg

犬同士遊ぶのが大好きな元気なドナちゃん。
b0207320_01573402.jpg

そんな本当の姿を知ってもらうにはどうしたらいい?って思っていた矢先。

やってきたのがプルート
b0207320_01175600.jpg
もう何度も書きましたが、プルートの急成長の立役者はドナちゃんです。
ドナちゃんがプルートの心の扉を開いて寄り添ってくれました。

b0207320_15462266.jpg

そうしてプルートも無事運命のおうちに旅立ち、
次はドナちゃん連れて会いに来ますね~なんて言っていた矢先。

ドナちゃんにスペシャル最高の縁談が。

どの子もみんな最高の縁談には間違いないんですが、
今回は受付から話聞いた瞬間、
うそ~~~っ(≧▽≦)って言っちゃいました。

だって。。。。。

そのおうちは、
「ドナちゃんにはこういうおうちが最適だろうな」
 って思っていたそのおうちからだったんです!!!!!

そのおうちは・・・

淵家卒業、りっちゃんが行ったおうち。
b0207320_15523546.jpg


保護当時、この世にこんなネガティブな顔した子犬いていいん?って
くらい世界中の不幸を一人で背負った顔してたりっちゃん。

もちろん、淵ははの元ですっかり明るくなって卒業していったんですが、
譲渡後すぐのバザーで会ってびっくり。
淵家にいたころよりさらに女子力が上がり。。。
も~う、キャッピキャピのピッチピチ。

b0207320_15514342.jpg
よく男の子と間違えられてたりっちゃんですが、
もうどこからどう見ても女の子。


だってねぇ。
里親さんちは、女の子4人姉妹に先住犬のチップ姉さん、
おばあちゃん、おかあさん と、女子6人のおうち!
当時、男はお父さんと小さな小さなハカセくんだけ。
もう女子力MAXです。
b0207320_15472023.jpg
その後、おばあちゃんとハカセくんが天国へと旅立ち。。。
お母さんの気持ちの整理が少しついたところで、
ドナちゃんをとご希望くださったわけです。

実は。ハカセくんが亡くなったことはお聞きしていたし、
バザーの里親コーナーにお越しくださったお父さんから、
「もう1頭と思うけどお母さんの気持ちがねぇ」ってお話も聞いていて・・・

ドナちゃんどうですかって、喉元まで出かけてたんです。

でもね。

ご縁の糸って、
私が余計なことをしなくたって繋がるところにちゃんと繋がる。

というか、余計なことをしたら、それで糸はこんがらってしまって
いい結果を導かない気がする。

「気がする」というか、レスキューの活動を通して学んだことです。

そして。
やっぱり、ちゃんとちゃんと繋がるところに繋がって (≧▽≦)
b0207320_15535081.jpg

2週間のお試しを経てすぐに契約伺ったときにはもうキャピキャピな笑顔。

うちにいたころには、どこか大人びた印象があったけど。
たった2週間でこんなに明るい女の子に。
b0207320_01170815.jpg
うちの人間の息子たちにはずっと警戒してたドナちゃんからは
想像もできないくらい4姉妹にもかなり馴染んで。
お散歩も一緒に行けちゃって。

すごいなぁ。。。。

中島みゆきさんの「糸」って歌をご存知ですか?

「縦の糸はあなた
 横の糸はわたし
 逢うべき糸に出逢えることを 
 人は仕合わせと呼びます」

ドナちゃんを思うと、この歌が頭の中を流れます。

「縦の糸はあなた
 横の糸はわたし
 織りなす布は いつか誰かを
 温めうるかもしれない」

ビビリのドナちゃん。

当時、プルートのお母さんがプルートに逢うため3日に1回くらい来てくれた、
そのことが今度はドナちゃんをいっぱい成長させてくれました。

最初は、固まって動けなかったドナちゃん。
庭の遠くに逃げて入ってくることすらできなかったり。

b0207320_01234354.jpg

みんながオヤツをもらってるのを遠くから見ていた。

それが入って来られるようになって、
床に置いてくれたのをくわえられるようになって、
それでも一回一回庭に逃げて持って出て食べていたのが、
やがて部屋の中で食べられるようになり、
やがて、プルートのお母さんの手から食べられるようになり。。。

家族(+淵はは)以外の人とこうして少しずつ過ごしたこと。
プルートとお母さんの糸が織りなしてくれた布。

これは、プルートだけじゃなく、
遊びに来てくれたジニーやりんちゃんもなんだけど。

みんなの糸が少しずつ紡がれて、織りなされて。

ドナちゃんの今日の幸せにつながりました (*^^*)

b0207320_1532920.jpg
ドナちゃんはプルートのために残っていてくれたんだと思うけれど、
プルートもまた、ドナちゃんのためにやってきてくれたんだと思います。

みんなみんな。
「こうしよう」とか「こうしてあげよう」じゃなくも、
自分が自分でいることが誰かの力になる。

私も、犬への恩返しだとかボランティア心だとか
それも本当だし間違ってはいないけど、
実は、「犬が好き。犬たちに囲まれてると幸せ」
それがいっちばん大きな理由だと分かりました。
結果として、それが誰かのためになってるならこんな有難いことはない。

ドナちゃん、大切なことを教えてくれてありがとう (*^^*)
b0207320_01170592.jpg

なぜ巡りあうのかを 私たちは何も知らない
いつ巡りあうのかを 私たちはいつも知らない

でも。ご縁の糸は確かに存在します。

今いるレスキューの子たち。
富山の繁殖業者の元で、そこから出られる日を待っている子たち。

b0207320_15590469.jpg
犬たちは自分で糸を手繰り寄せることはできません。
どうか。あなたが引き寄せてあげてください。


石川ドッグレスキューHP → http://i-dog.net/
廃業ブリーダー専用里親募集掲示板 → http://i-dog.net/cgi-bin/toyama-satooya/joyfulyy.cgi

[PR]

by santa-haha-1go2go | 2014-09-14 01:55 | ドナルド&ルーヒューデュー | Trackback | Comments(6)