人気ブログランキング |

がんちゃんの呟き 〜ボクが野犬だったころ1〜

ボク、何ヶ月か前、ヤケンやってんて。
b0207320_12452566.jpeg
ホケンジョの人がボクを捕まえに来て、
これはホケンジョからは譲渡できないからって、
トラックに乗せられてセンターってとこに連れてかれたの、
ちょっと覚えとるよ。

そこ、なんか怖そうな機械あって、悲しいニオイがしたよ。
あの機械の部屋に入っとったら、ボク、どうなっとってんろ。

カン太ママって人が、なんとか助けてあげたいけど、
この状態のコ、預かる余裕あるかなって悲しそうにしとった。

ボク、今なら分かるげんけど、
あんとき、隣りにおったコみたく尻尾振って、
ボクを連れて帰ってってお願いしたらよかってんね。
そしたら、そのコみたく、センター譲渡になって、
優しい人が迎えに来てくれるはずやってんね。

でも、ボク、そんなこと知らんもん。
生まれてから、誰も教えてくれんかったもん。

お母さんは、
ニンゲンっていう怖い生き物がいるけど、
絶対に近付いたらいけませんって言っとったよ。
だから、ボク、お母さんとの約束守って、
ニンゲンが来たら、「近寄らんといて!」って一生懸命言ってん。

それしかやり方分からんかったもん。

そんなボクを見を見て、センターの人らも、なんか諦めた顔しとった。
なんか悲しそうやった。

でも。
何日かしたとき、エンハハっていう、ハカセタロウみたいな頭した人がきてん。

今までニンゲンはみんな、
ボクが近寄らんといて!って言ったら、近寄らんかってんけど、
エンハハ、ぜんぜん言うこと聞いてくれんくって、
「まだコドモやいね、なんとかなるわ」って、グイグイ近付いてきてん。
もちろん、ボク、来んといて!って言ったよ。
でも、エンハハには、本当はボクが寂しかったのバレとったみたい。

そして、エンハハ、
少しでも早く人のそばに置いた方がいいって、
そのままボクを車に乗せて連れて帰ってん。

センター出るとき、センターの人らの
「あのスズのヤケン連れてくんか!?」って驚いた声がしたよ。

それから…
サンハハって人の家に行って、
ぼくこれからどうなれんろーって不安いっぱいやってんけど、
遼兄たんとか、ちくわとかいっぱいおって、すぐ仲良くなってん。

b0207320_12394370.jpeg
ほんで、遼兄たんに、
ニンゲンは敵じゃないですよって言われて、
ニンゲンと仲良くするためにどうしたらいいか教えてもらってん。

b0207320_12401031.jpeg
今なら、ボクわかるよ。
ニンゲンはボクを守ってくれれん。

信じて甘えたらいいげんね。
b0207320_12333590.jpeg
ボク、知らんかっただけねん。
誰にも教えてもらえんかっただけねん。

ニンゲンは優しいって。。。
b0207320_12335875.jpeg
ボク、もう「スズのヤケン」じゃないよ。
元気で甘えん坊ながんちゃんやよ。

がんちゃんに永遠の愛を注いでくださる里親さん、お待ちしています。
お問い合わせは石川ドッグレスキューまで。

by santa-haha-1go2go | 2016-03-12 12:54 | おでんシリーズ | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : https://sanhaha.exblog.jp/tb/25496034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よしつ子 at 2016-03-12 22:36 x
m(__)mは。泣いちゃいます❗頑張っただけのお顔、幸せな顔しちゃつて(*^^*)何処の県の保健所だったか?職員さんが手に抱いた子と見つめあってる優しい写真…賞もらって新聞にも取り上げられた…こんな良い話しうる覚え何て❗歳は取りたくない❗一番したく無い事!無くなる事!そんな時でも仕事として悲しくこなさなければならない…それが保健所の職員さん達。持ち込む人はその子達の最後の声を聞くべきだ!聞かなければいけないんですよ!なぜそれが職員さん達の仕事なのか?考えさせられる優しい写真とコメントでした…そして此処にも…心打たれました❗
Commented by よしつ子 at 2016-03-13 03:15 x
m(__)mは。泣いちゃいます❗頑張っただけのお顔…安心仕切ったお顔(*^^*)どれも生きてくれててあ り が とネッ…今年に入ってブログ仲間ある県の保健所の職員さん手に抱いた子と見つめあってる写真が新聞にそして少しのコメント…賞もとってた…それからの感動ブログ!ありがと❗家も1月大雪の夕方に12才の置き去りニャン里子に行きました❗11年半野良1年だけ家ネコでおばあちゃんと暮らしてたのに、息子さん亡くなって…でも里子に行って3日目で家の子にって言ってもらって❗息子さんお父さんの嬉しそうな顔初めて見たって🎵そして長生きしようなッ…って言ってもらって、先日抱っこされて来てくれました❗又何処か連れて行かれるのかと不安そうにしてました。11年の恩忘れたか?!…それよりも絶対の安心な今のお家が良いんだろうなッ…そして長生き18才…まださんぽ行ってあるんですよッてお顔見せに無理の無い様にッて、有難いです(#^.^#)貰ってやるのに!って勘違いされる方も多々おられます…残念だけどネ。日々レスキューさんに励まされ、私なりに同じ生きる命1つでも繋げて行きたいな~
Commented by santa-haha-1go2go at 2016-03-14 11:49
☆よしつ子さま
私もその保健所の職員さんの写真見たことあります。そして、石川県のセンターにもそんな職員さんいらっしゃいます。
殺処分なんて可哀想って言うだけではなく、何が、誰が諸悪の根源なのか、私たちはよくよく考えなければいけないですね。

そして、よしつ子さんもいろんな経験されてきたんですね。
私は里親さんは、里親さんが上なわけでも私たちが上なわけでもない、同志だと思ってます。その子を幸せにしたい!って願う同志。そして、私がタッチしたバトンをずっと温めてくださる感謝すべき相手。これからも、素敵なご縁に恵まれて、繋げていけますように☆