シアワセ報告~いとちゃん編~

遅くなってごめんなさい。。。
公私ともに多忙だったのに加え、
思いがあふれてしまってなかなか進まず ( ;∀;)

そう。愛しのいとちゃんのシアワセ報告です。
b0207320_16093232.jpeg
みなさん、お元気?

***************

いとちゃんが我が家にやってきたのは5月の初め。
中能登でたびたび目撃されながらも
なかなか捕獲できないでいたのがやっと捕獲されたとのことでした。
それだけ捕まらないのは、賢く、そして警戒心が強い証。
長い野良生活の跡は心にも体にもくっきりついていました。

すっごい個人的なことですが、私、おばちゃん犬って大好きなんです(^^;
かつてのフローネ、そしてアズ
もう犬っていうより、懐かしいかつての同級生か親戚みたいな。
切なく恋しい不思議な気持ちになります。
私、マジで前世は能登の母野犬だったんじゃないかと。。。

なんて、いとしくてたまらない私の心とは裏腹に。
いとちゃんの心の扉はなかなか頑なで (^^;
子犬のようにそう簡単には落とすことはできません。
b0207320_16123685.jpeg
アタシおばちゃんじゃないしっ!


それでも少しずつ少しずつ近づく距離が嬉しくて、
たまに垣間見せる無邪気な瞬間が可愛くて可愛くて、
おばちゃんくさい一面もまたいとしくていとしくて。

b0207320_16125140.jpeg
運命のおうちがみつかるまで、ゆ~っくり一緒に過ごそうねって
思っていたら・・・
バザーにお越しくださった運命のお相手。
HPでいとちゃんを見てずっと気にかけていてくれて、
その日もいとちゃんに会うためにお越しくださいました。

フィー家卒業の然くんの里親さんファミリーです。

山のふもとをさまよっていたところを偶然フィーママに保護された然。
フィー家で甘えん坊全開で過ごしたのち、
判明した心臓弁膜症のことも理解したうえで受け入れてくださった
素敵なご家族のもとに羽ばたいていきました。

それから7年。
寂しい山の中を1人さまよっていた然は、
温かなご家族に看取られ天国に旅立ちました。

残されたご家族のぽっかり空いた心の穴。
おうちには然くんが愛された歴史がいっぱい。
b0207320_16261194.jpeg
お試し初日からお父さんの後をついて離れなかったという然に対し、
お試し期間中ず~っとキッチンから出てこないいとちゃんでしたが・・・

「いとちゃんの心の扉が開いて行くのをゆっくり気長に待ちます」
って言ってくださるオシャレなパパと超美人なママの
素敵なおうちのお嬢様として迎えられたのでした。

b0207320_16131666.jpeg
・・・定位置はお手伝いさん的場所でしたが (^^;


あれから3ヶ月。
契約のときは、優しいお兄ちゃんが用水から助けた先住ニャンコとも
かなりビミョーな関係でしたが、↓
b0207320_16135851.jpeg

b0207320_16134280.jpeg

その後送ってもらった写真・・・(*´з`) ↓

b0207320_16140833.jpeg

お手伝いさん的ポジションからもかなり脱却したそう (≧▽≦)
b0207320_16151438.jpeg
長い年月をかけて錆びついた心の扉が開くのは
それだけ長い時間がかかりますが、
ゆっくりゆっくり待ってくださるご家族のもとで
きっといつか全開になる日はくる。
b0207320_16142895.jpeg
いとちゃんのその日の笑顔を楽しみにしています。

素敵なパパさん、ママさん、どうか末永くよろしくお願いします162.png
b0207320_16143728.jpeg


[PR]

by santa-haha-1go2go | 2018-03-01 16:18 | いと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://sanhaha.exblog.jp/tb/27981709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。