シアワセ報告 ~梅ぼし編~

母犬と4頭の子犬が保護されたよ~と聞き・・・
今度はどのシリーズだろう!?と思っていたら。

う~ん!めちゃくちゃお馴染みのシリーズ!!
ニオイも懐かしい、深呼吸したくなる恋しいニオイ (*´з`)
b0207320_15230250.jpeg
・・・って喜んでる場合ではなく。
もうおでんの具、尽きちゃったよ~。。。
母犬はおでんの母なのか、取り残しの兄弟なのか。

野犬を子犬のうちに預かって、遼に助けてもらいながら育てて、
信頼できるおうちに送り出し、
それを繰り返していればいつかは終わりがくると信じています。
金沢も30年前は野良が普通にいたけど、今はいない。

一頭一頭に対しては、
生まれてきてくれたこと、出会えたことを心から喜んでいますが、
いつかそれが終わる日が来るのが私の願いです。

どうかどうか。このシリーズもこれで終わりますように。
その願いをこめて、鍋の〆ってことで、
母犬は「おじや」
一緒に来た子犬たちは、おじやのお供でつけものシリーズにしました。
ふざけてるように見えてけっこう真剣に名前考えてるのよ (-ω-)
b0207320_15235385.jpeg
おじやは現在、犬使い淵はは師匠の元、ヒトと暮らすことの練習中ですが、
子犬たちもおじやから「ヒトには注意!」の教育をしっかり受けたあとで、
警戒心バッチリ。
完全に気配を消して、少しでも手を伸ばすと全身で抵抗しました。
一頭一頭と向き合うには4頭は多すぎるなぁと頭を抱えていたとき。
b0207320_15241817.jpeg
現れたのが、梅ぼしの里親Mさん。
梅ぼしは、兄弟の中では精神的に幼く、まだ警戒心は薄い方でしたが、
それでも普通のおうちにすぐに出すのはためらわれるところ・・・
ですがっ。
このMさんの奥さん、な~んと、元警察犬の訓練士さん!!

ご主人と能登に移住して暮らすにあたり、
一緒に暮らす犬を探していたそう。
奥能登からはるばる2時間以上かけて見学にお越しいただき、
実際の梅ぼしの様子も見ていただいて、
ぜんぜん大丈夫 (*^^*) との心強いお返事をいただき、
お試しナシの即契約ということで、おうちの子になることに決まりました。

しか~も。
子犬を抱えていると、まとまった時間家をあけることができなくて、
能登までどうやって連れていこうかと考えていたら・・・
救世主寅ママ登場。
娘ちゃんのご用事で七尾まで行くと聞き、梅ぼしのお届けをお願いしたところ、
快く引き受けてくれました。
寅ママも、当時ゲーリー恋町ケントを抱えて大変なのにね。
ホント、ありがとう(;_;)

そして、無事能登のMさん宅にお届けできた梅ぼしは、
「うみ」くんになりました。
b0207320_15275275.jpeg

そして、いただいたメール。
さすがママさん。初日からこの安心した寝顔 (*^^*)

b0207320_15251383.jpeg
パパさんは特製ハウスを作ってくれて、
b0207320_15374073.jpeg
お正月にいただいたメールには、すっかりコタツ犬な姿。
b0207320_15255363.jpeg

港のそばにある広いおうちでね、やがては犬も泊まれる民宿をって
考えていらっしゃるそう。
看板犬としてみんなを迎える日が待ち遠しいです (*^^*)

b0207320_15271957.jpeg
寅ママ撮影。寅ママ、ありがとう!





[PR]

by santa-haha-1go2go | 2018-03-02 15:38 | つけものチビーズ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://sanhaha.exblog.jp/tb/28167143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。