人気ブログランキング |

2015年 07月 27日 ( 1 )

自我

いろはさん、お散歩もずいぶん上手になりました (*^^)

いまだ、ハハが変わった動きをするとビクッと構えますが、
それ以外は、フサフサしっぽをクルンと上げて、
とっても上手に歩きます。

b0207320_13581247.jpg
車もぜんぜん大丈夫!

b0207320_13581593.jpg
いろんな公園にもお散歩に行って、
いろんな景色を見て、いろんなニオイを嗅ぎました。

能美市にある淵はは師匠のところも遊びに行きました。
入るなり、淵ちゃんたちに猛チェックを受けて固まったり、
同じく預かり犬の月英に挨拶したり。

b0207320_13582040.jpg

ある時は淵はは師匠の姪っ子ちゃんたちが遊びに来てくれたり。

b0207320_13582414.jpg
我が家に来てから1か月ちょい。
おそらくこれまではなかった経験を怒涛のように積み重ねたはず。

いちばん、いちばん大きな変化は、
自分以外の犬や生き物と深く接するということだと思います。

b0207320_13581843.jpg
我が家に来てすぐのいろはを見ていると、
一応「人間」というものは知っていたように思います。
グーフィーたちのように未知の生物ではなかったはず。
でも、それは自分と感情を交し合う「生物」ではなく、
「見たことはあるけど警戒すべき物」

犬に対しても同じで、
人間に対してほどの警戒心はないけれど、どう交流していいか分からないという感じ。

たった一人ぼっち、警戒心だけで生きてきた・・・
そんな気がします。

そんないろはを見ていて、大学時代に、
「自我は他者を認識して初めて芽生える」と習ったのを思い出しました。
「他者」がいなければ、逆に「ここまでは自分」っていうラインを作る必要がない。
「自分」とは違う「他者」がいるということに気づいて、
その「他者」は「自分」とは違う認識や感情をもって動いているんだって気づいたとき、
初めて「自我」に気づく。

いろはを見ていると、それを強く感じます。

いま、いろはの中で、いろんな自我が芽生えて、
自分にはいろんな感情があることに気づき始めた。

b0207320_13582696.jpg
いろはが変化していくにつれ、
不思議と、遼もいろはを気にかけることが多くなりました。
b0207320_13582840.jpg
この自我が間違った方向にいかないよう、
園長先生、いろいろ教えなければならないようです (*´ω`*)

でも。
こんなかわいいいろは。
もう、園長先生でなくても大丈夫!

お散歩練習のため、早朝から来て下さるお母さんが待ってくれています。
b0207320_13583044.jpg
「すぐに慣れるとは思ってません。
 2か月後、1年後でも。ソファーで寝てくれることを目標にします」
とおっしゃってくださるお母さんの元へ。

いろは、明日からお試しです♪
あったかいご縁の糸、しっかり結ばれますように!

by santa-haha-1go2go | 2015-07-27 14:06 | いろはとほへと | Trackback | Comments(2)