ぽんずの春

雪ん子ちびーず、元気いっぱい走り回っているうちに、
あられ、ふぶき、みぞれ、シャベルと運命のご家族のおうちに
巣立っていきました (^^♪

一人、お試しキャンセルとなったスコップ。
キャンセル待ちの方もあったのですが、
お試しに行っている間にその方は別のご縁を見つけてしまって、
一人レスキューに残ることに (;_;)
やるせない思いでいっぱいですが、
心機一転、やんこ家でりく大先生の指導を受けて
運命の人を待ちます!

そして我が家は、ぽんずとしばづけしーちゃんの小学生コンビだけに。
b0207320_15244117.jpeg
2人ともスクスク成長しています。

ぽんずはお庭にもすっかり慣れて、
b0207320_15290350.jpeg
そっくり姉さんの琥珀に怒られてみたり

b0207320_15294302.jpeg
園長に怒られてみたり…


お散歩も上手になって
b0207320_15245592.jpeg
ドライブもデビューしました \(^o^)/
b0207320_15251019.jpeg
行き先は車で10分程度の川沿いの公園。
子犬がいると、この往復20分の時間がとれなくって
ずっとご近所散歩しかできなくって。
春の陽気の中を久しぶりに歩いてきました。

b0207320_15252091.jpeg
ぽんず、車もぜんぜん大丈夫!
もう乗り越えなきゃいけないハードルはありません。

b0207320_15253617.jpeg
いっぱい春を楽しみながら運命の里親さんをお待ちします (*^^*)

次はしーちゃんがお散歩デビューだね♪

b0207320_15255191.jpeg

お問い合わせは石川ドッグレスキューまで


[PR]

by santa-haha-1go2go | 2018-03-26 16:10 | 第2調味料シリーズ&乙姫ちゃん | Trackback | Comments(0)

いまこんな感じ

いま、我が家はこんな感じです (・_・;)
b0207320_13505677.jpeg
ハンナ家に預かってもらっていた しばづけが帰ってきて
(たくあんは、淵家で修行中)
ナギ家に預かってもらっていた ぽんずも帰ってきました。
b0207320_13510828.jpeg
小学生チーム?

2人ともしばらくの間にグンッと成長した~ (*^^*)

しばづけは、うちにいたころは、もっと神経張り詰めた感じでしたが、
b0207320_13512780.jpeg
ハンナママの羽箒のおかげか、落ち着いた雰囲気に。
まだ、抱き上げようとするとバビュンッと逃げますが、
おとちゃんと一緒にキャピキャピ遊んだり、
子犬の相手をしてあげたり、



みんなにつられてオヤツをおねだりにきたり、
女の子らしくお姉さんらしく可愛くなりました (*^^*)

ぽんずも、うちではケージ隔離で、そのままナギ家に行ったのですが、
元気いっぱいのヤンチャ坊主に変身しました。
b0207320_13514803.jpeg
優しいナギ姉さんやナギ家のみなさんのおかげで、
人間も大好き。何をされても抵抗しないイイコです!
ただ、ちょ~っと犬相手だと威張ってしまうところがあり・・・
ま、そこは瞬時に嗅ぎつけた鬼園長の指導が入りましたけどね (≧▽≦)
b0207320_13520828.jpeg
園長の雷に腰を抜かして逃げ込むの図

先日は遊びに来てくれた りん&ロージー+まきちん のお姉さん3人に
格好のオモチャにされ、おいかけまわされ・・・ 
b0207320_13522762.jpeg
最強お姉さん軍団

怒涛の勢いで犬社会の厳しさを学習中です (≧▽≦)


どんだけ怒られても園長大好きよ162.png


チビたちは、それぞれ旅立ちのときが近づいていますが、
b0207320_13530107.jpeg
保育園チーム

おとちゃん・ぽんず・しばづけ・たくあん
元気に里親さんをお待ちしています!

お問い合わせは石川ドッグレスキューまで


[PR]

by santa-haha-1go2go | 2018-03-15 14:10 | つけものチビーズ | Trackback | Comments(0)

シアワセ報告 ~梅ぼし編~

母犬と4頭の子犬が保護されたよ~と聞き・・・
今度はどのシリーズだろう!?と思っていたら。

う~ん!めちゃくちゃお馴染みのシリーズ!!
ニオイも懐かしい、深呼吸したくなる恋しいニオイ (*´з`)
b0207320_15230250.jpeg
・・・って喜んでる場合ではなく。
もうおでんの具、尽きちゃったよ~。。。
母犬はおでんの母なのか、取り残しの兄弟なのか。

野犬を子犬のうちに預かって、遼に助けてもらいながら育てて、
信頼できるおうちに送り出し、
それを繰り返していればいつかは終わりがくると信じています。
金沢も30年前は野良が普通にいたけど、今はいない。

一頭一頭に対しては、
生まれてきてくれたこと、出会えたことを心から喜んでいますが、
いつかそれが終わる日が来るのが私の願いです。

どうかどうか。このシリーズもこれで終わりますように。
その願いをこめて、鍋の〆ってことで、
母犬は「おじや」
一緒に来た子犬たちは、おじやのお供でつけものシリーズにしました。
ふざけてるように見えてけっこう真剣に名前考えてるのよ (-ω-)
b0207320_15235385.jpeg
おじやは現在、犬使い淵はは師匠の元、ヒトと暮らすことの練習中ですが、
子犬たちもおじやから「ヒトには注意!」の教育をしっかり受けたあとで、
警戒心バッチリ。
完全に気配を消して、少しでも手を伸ばすと全身で抵抗しました。
一頭一頭と向き合うには4頭は多すぎるなぁと頭を抱えていたとき。
b0207320_15241817.jpeg
現れたのが、梅ぼしの里親Mさん。
梅ぼしは、兄弟の中では精神的に幼く、まだ警戒心は薄い方でしたが、
それでも普通のおうちにすぐに出すのはためらわれるところ・・・
ですがっ。
このMさんの奥さん、な~んと、元警察犬の訓練士さん!!

ご主人と能登に移住して暮らすにあたり、
一緒に暮らす犬を探していたそう。
奥能登からはるばる2時間以上かけて見学にお越しいただき、
実際の梅ぼしの様子も見ていただいて、
ぜんぜん大丈夫 (*^^*) との心強いお返事をいただき、
お試しナシの即契約ということで、おうちの子になることに決まりました。

しか~も。
子犬を抱えていると、まとまった時間家をあけることができなくて、
能登までどうやって連れていこうかと考えていたら・・・
救世主寅ママ登場。
娘ちゃんのご用事で七尾まで行くと聞き、梅ぼしのお届けをお願いしたところ、
快く引き受けてくれました。
寅ママも、当時ゲーリー恋町ケントを抱えて大変なのにね。
ホント、ありがとう(;_;)

そして、無事能登のMさん宅にお届けできた梅ぼしは、
「うみ」くんになりました。
b0207320_15275275.jpeg

そして、いただいたメール。
さすがママさん。初日からこの安心した寝顔 (*^^*)

b0207320_15251383.jpeg
パパさんは特製ハウスを作ってくれて、
b0207320_15374073.jpeg
お正月にいただいたメールには、すっかりコタツ犬な姿。
b0207320_15255363.jpeg

港のそばにある広いおうちでね、やがては犬も泊まれる民宿をって
考えていらっしゃるそう。
看板犬としてみんなを迎える日が待ち遠しいです (*^^*)

b0207320_15271957.jpeg
寅ママ撮影。寅ママ、ありがとう!





[PR]

by santa-haha-1go2go | 2018-03-02 15:38 | つけものチビーズ | Trackback | Comments(0)

シアワセ報告~いとちゃん編~

遅くなってごめんなさい。。。
公私ともに多忙だったのに加え、
思いがあふれてしまってなかなか進まず ( ;∀;)

そう。愛しのいとちゃんのシアワセ報告です。
b0207320_16093232.jpeg
みなさん、お元気?

***************

いとちゃんが我が家にやってきたのは5月の初め。
中能登でたびたび目撃されながらも
なかなか捕獲できないでいたのがやっと捕獲されたとのことでした。
それだけ捕まらないのは、賢く、そして警戒心が強い証。
長い野良生活の跡は心にも体にもくっきりついていました。

すっごい個人的なことですが、私、おばちゃん犬って大好きなんです(^^;
かつてのフローネ、そしてアズ
もう犬っていうより、懐かしいかつての同級生か親戚みたいな。
切なく恋しい不思議な気持ちになります。
私、マジで前世は能登の母野犬だったんじゃないかと。。。

なんて、いとしくてたまらない私の心とは裏腹に。
いとちゃんの心の扉はなかなか頑なで (^^;
子犬のようにそう簡単には落とすことはできません。
b0207320_16123685.jpeg
アタシおばちゃんじゃないしっ!


それでも少しずつ少しずつ近づく距離が嬉しくて、
たまに垣間見せる無邪気な瞬間が可愛くて可愛くて、
おばちゃんくさい一面もまたいとしくていとしくて。

b0207320_16125140.jpeg
運命のおうちがみつかるまで、ゆ~っくり一緒に過ごそうねって
思っていたら・・・
バザーにお越しくださった運命のお相手。
HPでいとちゃんを見てずっと気にかけていてくれて、
その日もいとちゃんに会うためにお越しくださいました。

フィー家卒業の然くんの里親さんファミリーです。

山のふもとをさまよっていたところを偶然フィーママに保護された然。
フィー家で甘えん坊全開で過ごしたのち、
判明した心臓弁膜症のことも理解したうえで受け入れてくださった
素敵なご家族のもとに羽ばたいていきました。

それから7年。
寂しい山の中を1人さまよっていた然は、
温かなご家族に看取られ天国に旅立ちました。

残されたご家族のぽっかり空いた心の穴。
おうちには然くんが愛された歴史がいっぱい。
b0207320_16261194.jpeg
お試し初日からお父さんの後をついて離れなかったという然に対し、
お試し期間中ず~っとキッチンから出てこないいとちゃんでしたが・・・

「いとちゃんの心の扉が開いて行くのをゆっくり気長に待ちます」
って言ってくださるオシャレなパパと超美人なママの
素敵なおうちのお嬢様として迎えられたのでした。

b0207320_16131666.jpeg
・・・定位置はお手伝いさん的場所でしたが (^^;


あれから3ヶ月。
契約のときは、優しいお兄ちゃんが用水から助けた先住ニャンコとも
かなりビミョーな関係でしたが、↓
b0207320_16135851.jpeg

b0207320_16134280.jpeg

その後送ってもらった写真・・・(*´з`) ↓

b0207320_16140833.jpeg

お手伝いさん的ポジションからもかなり脱却したそう (≧▽≦)
b0207320_16151438.jpeg
長い年月をかけて錆びついた心の扉が開くのは
それだけ長い時間がかかりますが、
ゆっくりゆっくり待ってくださるご家族のもとで
きっといつか全開になる日はくる。
b0207320_16142895.jpeg
いとちゃんのその日の笑顔を楽しみにしています。

素敵なパパさん、ママさん、どうか末永くよろしくお願いします162.png
b0207320_16143728.jpeg


[PR]

by santa-haha-1go2go | 2018-03-01 16:18 | いと | Trackback | Comments(0)