人気ブログランキング |

おとそさんのご紹介

昨年末に、きんとん♂こぶまき♀だてまき♀兄妹を迎え…
そこにさらに おせち♀も加わり
お正月準備バッチリ~♪ なんて言ってたのに。
気付いたらもう1月も半分過ぎてました。

レスキューは、年末年始も関係なくいろんな問題が持ち込まれ、
波乱の幕開け!?なんてカン太ママや淵ははと慄いていたのですが。
素敵な家族がみつかった きんとん♂・こぶまき♀ のように嬉しい話もちゃんとあって、
禍福は糾える縄の如しとはよく言ったもんだなぁと改めて思う新年でございます。

さて。
大変遅くなりましたが、おとそ♀のご紹介です 162.png
おとそさんのご紹介_b0207320_16301690.jpeg
R1.12.23受け入れ 子犬メス 仮名:おとそ2020/01/15(水曜) No.2356

保護経緯:センターより受け入れ

年齢:推定生後4ヶ月
体重:約4キロ(12月現在)
2種ワクチン1回接種済み、ノミダニ駆除済、腸内寄生虫駆除済

野犬の子犬です。警戒心のためセンター譲渡不可となり受け入れました。

小顔でチョコチョコ歩く姿がとても愛らしい子です。
ただ子犬がいない群で育ったのか、受け入れ当初は他犬に唸って吠えかかっていました。
見かけによらずなかなか野太い声で吠えます。

慣れた犬とはかなり遊べるようになりましたが、まだ初対面の犬には警戒したり、
ちょっとしたことに大袈裟に泣いたりすることがあるため、
遊びを通して社会性のお勉強中です。

リーダーシップを持って社会化教育を続けてくださる里親さんお待ちしています。

※仔犬はレスキューの条件+お願い事項がございます※

カン太ママが、天使ちゃんなんて言うもんだから。
これはレスキューの神様からの年末ボーナスか!?とウキウキ迎えたのですが…

社会性ゼロ149.png


犬社会性バッチリのだてまき♀たちがめっちゃ上手に遊びに誘ってもこの有様148.png

だてまき♀たちは少なくとも兄妹3頭いるわけで、
たぶん…考えたくないけれど、捕獲できなかった取りこぼしもまだいて
たくさんの兄弟の中で育ったはず。
だから、人間にはどれだけ警戒心が強くても、
兄弟同士遊ぶ中でいろんなことを学習して、社会性はバッチリ!
その犬に対する社会性を上手に人間にシフトさせればいいのですが。

けれど、おとそ♀は…
兄弟いなかったんじゃないかなぁ148.png
下手したら、母ヒトリ子ヒトリで、群れですらない中で
甘やかされて育ったのかも?
すべて私の勝手な憶測ですが105.png

とにかく、そう考えちゃうくらい遊ぶのが下手で。
だてまき♀たちが、あ~そ~ぼ~ってちょっと手をかけただけで
「た~た~か~れ~たぁぁぁぁ145.png」と大騒ぎ。

思えば、初めて我が家にやってきたときも
子犬には超アマアマで有名な遼園長が、
やたらしつこく気にしてたんですよね。
園長、社会性のない子を見抜くのにかけては天才的。
なんとかこの子をしつけなければなりません!!と、頑張ってくれまして。
(「こんな子、放っといてボクらとあしょぼ~!」の
  きんとん♂だてまき♀に邪魔されながら103.png


そのたびに「えんちょ~がアタチを虐待するぅ~~~145.png」と泣き叫ばれながら、
その声で大学入試センター試験を控えた1号を寝不足にしつつ、

ここまでになりました177.png

おとそさんのご紹介_b0207320_16304564.jpeg
顔がぜんぜん違うでしょ177.png





今もやっぱり、大げさな部分に変わりはありませんが105.png
まぁ、それはもう個性ってことで。

すべてを受け入れ、引き続き社会性を育ててくださる里親さんをお待ちしています!


おとそさんのご紹介_b0207320_16305538.jpeg

おとそさんのご紹介_b0207320_16315774.jpeg

お問い合わせは石川ドッグレスキューまで


by santa-haha-1go2go | 2020-01-22 16:25 | おせちシリーズ | Trackback | Comments(0)

シアワセ報告 ~たっくん編~

遅ればせながら
あけましておめでとうございます

例年、元旦出勤のデスクで仕事してるフリをして
幸せ報告のブログを書くのが恒例だったのですが、
今年は実家のゴタゴタやら仕事やら詰まっててその余裕もなく。
(いや、それがあるべき姿というツッコミはおいといて)
そうこうしてる間にも、こぶまき♀と きんとん♂は里親さん決定となり、
現在、だてまき♀と、新たにカン太家から移動になったおとそ♀
の2頭が元気に里親さん募集中です。

シアワセ報告 ~たっくん編~_b0207320_14414217.jpeg

新年最初の投稿は、ハハがそうやってご報告を怠っている間にも
里親さんの愛を受けて、どんどんどんどん変化して
淵ははと2人でほえぇ~(*´Д`) となるくらい
可愛くなったたっくんのご報告177.png

シアワセ報告 ~たっくん編~_b0207320_16540660.jpeg
ボク、本家たっくんだよ~!

************

たっくんはねぇ、つけものシリーズ4頭兄弟と、
お母さんのおじやと一緒に保護されました。

毎度おなじみの面々すぎて。
お母さんも捕獲されたのだから、
もうこれで〆にしてほしい!との願いをこめて
おでん鍋シリーズの〆ということで、
おじや+つけもの と名付けたのでした。
 
シアワセ報告 ~たっくん編~_b0207320_16362846.jpg
まだチビっ子な頃のたっくん(左)
チビなのに表情が硬いね

もちろん毎度ながらの警戒心の強い兄弟でしたが、
幸いにも うめぼし塩こぶは理解ある里親さんがすぐにみつかり
少し遅れてしばづけも幸せなおうちに卒業。

でもたっくんだけは…
兄弟の中でも格段の警戒心が災いしてなかなか里親さんがみつかりませんでした。
それでも淵家で淵ははのスペシャルビッグな愛をいっぱいうけてどんどん変化して、
再び我が家に戻ってきてすぐにとっておきのご縁を掴みました。

それが、本当にご縁の神様ってすごいんだなぁと改めて感じるご縁でして。
里親Oさんとはかれこれ9年かな?のご縁。
どんなご縁かというと・・・
   
いまや、育てた子犬は150頭、
鳴く子も唸る子も黙るわんわん保育園園長我らが遼サマが
まだ若く預かり犬だった頃・・・
遼がお試しで2週間滞在したお家なのです。

Oさんも遼をとっても気に入ってくださってギリギリまで迷われたのですが、
先住ニャンコと遼の相性が140.png
最後は遼をギューっと抱きしめて送り出してくれた方。

シアワセ報告 ~たっくん編~_b0207320_18364819.jpeg

あれから9年。細々とご縁は続いていましたが、
新しい保護ニャンコズを家族に迎えられ、もう犬は諦めたのかなと思っていた矢先。

「たっくんの里親になりたい」との連絡が!

Oさん、あれからもずっと犬と暮らしたいという気持ちは変わらず、
でも遼以外でご家族皆さんが納得できる犬はいなかったそうです。
9年目にしてやっと!心を揺さぶられたのが、たっくん!

遼とたっくん…
犬ってこと以外、オスってこと以外・・・154.png

シアワセ報告 ~たっくん編~_b0207320_16541706.jpeg
あ、あと淵ははが育ててくれて、
淵ははには絶対逆らえないってとこも106.png

いや、だからこれが運命なんです。
もうね、9年前からたっくんとOさんの運命はつながってた。
遼との出会いもたっくんとのご縁のための布石だった。
見学者さんのたびに💩撒き散らしてたたっくんのこの穏やかな顔。
チビっ子のときとは全然ちがうでしょ。
  
シアワセ報告 ~たっくん編~_b0207320_14422885.jpeg

たっくんがこんなスペシャルなご縁の糸を持つ子だったことも
もちろん嬉しかったけど
Oさんが9年を待ってくださったことが何より嬉しかったです。

これまでもたくさんの犬を預かり、
たくさんの方とお会いして、
中には条件が合わず見合わせたり、
お試ししてもキャンセルとなったり、
という里親希望さんもたくさんありました。 

でも、再び別の子を希望してくださる方は数えるほどしかありません。
それは、その子が運命の相手ではなかったというだけなのに。
もしかしたらご縁の糸は他にあって、それを見つけられたのかもしれないけれど。

Oさんはレスキューとのご縁の糸をずっと待ってくださいました。
本当に本当に嬉しかったです。

たっくん、毎朝いっぱいいっぱいお母さんと歩いて、
お母さんと季節の移り変わりを感じて、

シアワセ報告 ~たっくん編~_b0207320_16530953.jpeg

花いっぱいのお母さんのお庭のお手入れに付き合って、
夜はお父さんとお母さんの晩酌のお供をして。

シアワセ報告 ~たっくん編~_b0207320_18382406.jpeg
  
ニャンコ先輩たちにも鍛えられて103.png

写真を見るたびに、その喜びを一人で抱えきれずに
淵ははに「見て~~~」って言いたくなる
キラキラのフラワー王子になりました。

シアワセ報告 ~たっくん編~_b0207320_16532219.jpeg

もちろん、まだまだビビリな部分は残るたっくん。
おうちの中でも相変わらずグルグルしてみんなの目を回すことも。
でも、そんなのも全部受け止めて、
たっくんオリジナルの成長を気長に待ってくれるお母さん。
だって、9年待ってくれた人だもん!

シアワセ報告 ~たっくん編~_b0207320_17002498.jpeg

遼ママ保育園、また一人、素敵な卒園生保護者が増えました。

この年末からお正月にかけて、
たくさんの里親さんからメッセージや年賀状をいただきました。
「すっかり人好きの懐っこい子になりました♪」
「今ではお父さんっ子に変身しました♪」
「あんなに怖かったお散歩が今は大好きです♪」

そんな嬉しいメッセージもいっぱいあれば、
「今年こそお散歩デビュー!」
「車に慣れてくれるといいな!」

なんてメッセージもいっぱい。

中には、病気が分かった子、
天国に旅立ってしまった子も出てきました…。

でも、どの文面からも愛が溢れているんです。

うちの卒業犬は基本、センター譲渡不可で、
何かしらのマイナスを抱えた子たち。
お金を出せば、人間を喜ばせるために作られた命が簡単に手に入る世の中で
あえてそんな子を家族に迎えようと思ってくださる皆さん。

犬は家族だから。
楽しいだけじゃなくって、
苦労も悲しみも何もかもを一緒に受け止めて共に歩む。
その苦労(そもそもみんなそれは「苦労」とは呼ばないんだけど)の先に
得られる幸せって、経験した人じゃないと分からないだろうなと思います。

遼ママ保育園卒業犬の里親のみなさん、
もし迷うこと、悩むことがあったら、
遼ママサロンに遊びにきてくださいね。
いつもバタバタ生きてるハハなので、いつでもどうぞ!とは言えませんが
合間合間にたくさんの里親さんが遊びに来てくれています。
同じ気持ち、同じ悩み、同じ喜びを経験してきた仲間がいっぱいいます。

今年もそんな仲間が増えますように。
みなさま、応援、どうかよろしくお願いいたします。


by santa-haha-1go2go | 2020-01-09 15:36 | つけものチビーズ | Trackback | Comments(4)